FC2ブログ
A D M I N

2020-04

無精日記は良くないので - 2013.10.12 Sat

(後で調べる必要が出てきた時、やはりカテゴリー別になっていないと不自由なので、自分のために内容が「医療関係」のものだけピックアップ)

金曜(10月11日)
朝のうち、近所の消化器の医師のところへ、大腸ポリープの結果を聞きに。
幸い良性で大腸の壁面は何も問題ないそうだ。
が、月曜にやっと大学病院に前回の検査結果(膵臓の変形、及び水腎症)を届け、先生も電子カルテに書き写してくださり、それだけで終わった。勝手に「心配ないということだろう」と私も終わらせてしまったが、消化器の医師に「その後どうなりましたか?」と訊かれ、勝手に終わらせてはいけなかったことが分かった。
週末土曜に、偶然にも同じ大学病院から専門医が来られるとのことで、「受診しますか?」と訊かれたのでお願いすることにした。
一旦パソコンを取りに家に寄り、その大学病院の皮膚科へ。3月の予約をキャンセルしてしまい、予約外の扱いは待つことが見えたので(結局パソコン作業も捗らず爆睡)。
腹時計にて目覚め、私の番までは少なくとも更に15人待つらしいので、席を外してレストランへ。
8229846_2008408941_186large.jpg

食べ終えて、余りに天気がよいので携帯写真を。
8229846_2008408940_99large.jpg

やはりレストランの客と思しき方が、「今日は天気がよいのでスカイツリーが見えますよ」と教えてくださった。
指差す方向を見たら…本当だ!!
今度はデジカメを取り出して撮ってしまった。都下からも見えるなんて・・・
(高圧線の鉄塔が少々妨げになっているが)

8229846_2008408929_161large.jpg

8229846_2008408931_57large.jpg

8229846_2008408930_32large.jpg

やっと名前を呼ばれて受診。
エキザルベのお蔭で火傷も難を逃れたことなど。
3月をキャンセルし、その前はいつだったろう?と気になっていたのだが、12月だったそうで、…なるほど、領収書も無かった訳だ(確定申告の折に提出してしまうので)
「レストランでの演奏会から10年経ちましたかね?」と訊かれて、いやいや…あれは2000年。えっ!?と自分でも声を上げそうになった。あれから13年!!(綾小路きみまろの真似ではありません…老いる訳です…


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/964-b69f91b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

近所の消化器科受診 «  | BLOG TOP |  » すんなり終わった大腸ファイバー

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する