FC2ブログ
A D M I N

2020-03

こなせないカーナビ - 2013.11.14 Thu

先週は娘の受診に車を運転して同伴、セッティングしたカーナビも「???」にて、行きも帰りも娘のナビ、特に帰りは視力が出ず道路標識も見えず(昼間なら1.5が見える眼鏡をかけていても)、おそらく娘にも怖い思いをさせたと思い…それと、半日がかりになってしまうこともあり…
今回、帰りは夫(私の)がピックアップしてくれるとのこと、私は外来の入り口までのみ送ることにした。

行きはカーナビが表示されていても見えない人。又しても娘のナビ半分。

外来で降ろして、カーナビの行き先を「自宅」、高速は使わない「一般道」。
画面は見えないので、ひたすら音声だけを頼った。
すんなり、いとも簡単に、昼間なら景色で大体分かるし・・・

ところが音声案内に慣れない私。
「左車線です」
居るってば!
「右車線です」
分かっているってば!!
「斜め右車線です」
だからちゃんとその車線に居るってば!!
「斜め右車線です」
居るってば!!
・・・と、その都度反応してしまう私。

画面を見ていないから、とうとう余りの「斜め右車線です!」の通り、交差点を斜め右に横断してしまったよ・・・

気付いたら、首都高速の入り口だったそれも幡ヶ谷(今さら)。

仕方がないので首都高を走った。
間もなくカーナビが「出口です」と言う。
嘘!!

そして後続車を確認して左車線に行き、標識を見たら「永福」・・・

そうか、「一般道」に設定したので降ろされるのか・・・ひとつ学習した。
でも、後続を確認して右に移動(私が降りたい高井戸は右だから)。

ところがカーナビはまだ騒いでいる。


あとは無視して高井戸で降りて自宅まで無視したまま走り続けました。
やれやれ…疲れた…


1980年代から1998年までは首都高も随分運転した。
大体が景色と標識だけ。都心なら霞ヶ関や神田橋、その他羽田や箱崎や…う〜ん…地名も出ない頭。
一般道なら池袋や要町、渋谷などは問題なく、見知らぬ地名でも赤信号の度に紙の地図帳を調べ(ぐるぐる回して進行方向を上にする方向音痴)、こんなに衛星を打ち上げているのなら、私の車をキャッチして指図してくれるシステムがあっても良かろうに…と思ったものだ。
思っていたのは私だけではなかったようで、乳癌と膠原病をきっかけにペーパードライバーとなっている間に「カーナビ」なる便利なものが普及したらしい。まさに進行方向が常に上!!

・・・

・・・

・・・


ところが、12年以上のペーパードライバーを経て、過去に願っていたものが実際に出来ていても……

使えない老いぼれ頭・・


又、「宝の持ち腐れ」が増えてしまった。

(11月19日・記載)



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/957-97a09467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

思うこと «  | BLOG TOP |  » 兼・備忘録

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する