辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

すんなり終わった大腸ファイバー - 2013.09.28 Sat

(記載:10月3日)

こういう話題を書くのですか??と思われる方は、お読みにならずに……
回れ〜〜右!!


既に何度か大腸ファイバーのことは書いているので、感じの悪い人!と思われるでしょうが…参考になる方もおられるようですし、何よりも自分で「あの時はどうだったっけ?」と振り返ることの多い昨今。脳代わりのブログ??
以前書いた「個人差とマニュアル」。
「ブログ内検索」をクリックしたら「くだらないくだる話」なんていうのも出てきた。
何でも記録しておくものだ、と思った(自分のために、です)。


今回は、以前の検査で大腸壁面が汚れたままで、正確な画像が見えていなかったこと、その後、咳止めに使われる物質(リン酸ジヒドロコデイン)で大腸が週単位で停止したこと数回。
のみならず、8月末には「下痢(大量の粘液のみ)と便秘を繰り返す」という怪しげな症状が起き、近所の消化器専門の医師に診て頂いた。これも日記に一応(自分のために)記録した。
症状から膵臓も疑われたようで、それと内臓の隙間も調べる必要があったのかもしれない…これは又別な開業医に紹介状を書いてくださってCTスキャンを受けた。やはり、ひっかかりのある膵臓のようで、その返信を更にコピーくださり、日常の全部をお任せしている大学病院に届け、今後の管理をお願いすることになっている。
他にも、症状の原因には勿論「大腸癌」もある訳だし、その他プロには色々項目があるのだろう・・・


それで本題。
「すんなり終わった」のは、事前の処置が良かったから。
1980年代、他の病院(我が家のホームドクター)で受けた時と同様でした。

3日前と2日前の夜に緩下剤(プルゼニド3錠)
前日は検査食のみ。

8229846_2003166713_175large.jpg
(これは朝食。昼食も似たようなもの。夜はコーンスープのみ。いや、美味しかったです…実際…量が足りないだけで


おやつがこれ4本だけなんて…日頃如何に食べまくっているか、深く反省する機会にもなった…
8229846_2003239137_206large.jpg


夜9時にガスコン2錠(整腸剤、と書いてある)に下剤のマグコロール1本(250cc)。
(これで、検査当日早朝には、数年前の検査の「午後2時状態」に解決!!!)

当日は9時半にガスチモン2錠(何の薬かは調べなかった)を飲み、10時から自宅で毎度お馴染みの2リットルの洗腸剤ニフレックを飲み始める。15分にコップ1杯のテンポで。最後の1杯にはラキソベロン1本を入れる。
折しも、BSプレミアムで「あまちゃん」最終週6日分を放映。

ごめんなさい!!4月からの半年間、毎日を楽しく始めることが出来たのは、この「あまちゃん」のお蔭だった、というのに・・・最終週の15分刻みを洗腸剤のペースメーカーに使うなんて・・・しかも、午前中に既にただの水になった!!なんて初めてです。




予約の午後3時半に出掛け、検査を受ける数名の後、そんなに待つこともなく大腸ファイバー。
(こんなにつやつやな大腸の中を見るのは初めてです!いや〜〜、驚いたのなんの!!)

ポリープを1箇所取って腸を何往復かして、おしまい。
こんなに短時間で終わったことも初めてです。

「ポリープの数次第でですが一応3万円を用意してきてください」と前回会計で言われていたのも、たったの1個だったため、得した気分。

結果に10日〜2週間かかるようです。

こんな内容しかネタもなく、誠に失礼致しました〜!!



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/940-d293ab7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無精日記は良くないので «  | BLOG TOP |  » カネタタキ

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する