FC2ブログ
A D M I N

2020-03

又しても久々の調律 - 2013.08.03 Sat

遡って書きますが、7月31日は別な1台の調律。
(又しても「行事」のカテゴリ。「雑談」に入れてしまっては楽器や技術者に失礼で…)
今度のは大ごと。何年も放置したベーゼンドルファー・・・メカがおそらく「どこから手を着けてよいか分からない状態」だろう、と推察していた通りで。

技術の方は、去年の私のCD収録で(湿度管理室のない、しかも湖畔、天気の違いで全く条件が変わってしまう楽器)、注文に応じて嫌な顔ひとつせず、…どころか笑顔を絶やすこと無く苦心惨憺してくださった佐々木氏。元ベーゼンドルファーの方々により立ち上げられたB-tech所属です。

案の定、メカの修理関係で2時から約6時間を費やし、直してくださいました。
あと1−2日かけないと整音までは行き着けない状態までになっていたようで・・・
こんなに間が空いてしまったのは、執筆はまだしも、体調不良に加えて手の怪我など(数年間オクターヴ届かず)、練習から遠ざかって久しく、「酷い状態になっているなぁ」と思えど、練習しないので…の悪循環。レッスンは他の2台並んだものを使うので、つい逃げてしまう。
ただ、私はこのベーゼンドルファーで練習するのが一番勉強になり、これで曲想やその為のタッチの工夫をしないと…その後で別な楽器にて確認して仕上げる方向で何十年も過ぎていました。もう、習慣です。

これ以上練習から遠ざかっていては、多分弾かないまま人生を終えることになりそう、と痛感し(大袈裟、と言われそうですが実際、本当に…)、お願いするに至りました。

これでやっと練習する氣が起きるというものです。
暫く弾き込んで、再度お願いすることになりました。



残った問題
ピアノの蓋を開けたままにすることになりました。

8229846_1979434446_222large.jpg

ピアノの蓋を開けるため、ピアノの上に乗っていた数々を「取り敢えず」どけた段ボール箱3つ。

8229846_1979434443_43large.jpg

これらをどこに置くか。
1箱は、頂いた「プリザーブドフラワー」ぎっしり。
1箱は、子供達の幼い頃からの写真立てあれこれ、(定かではないのですが)12分の1サイズや16分の1サイズのヴァイオリン、その他。
もう1箱は、木製の飾り物や取り扱い注意の飾り物あれこれ・・・

ベーゼンドルファーの下は広く、(ご覧の通り)既に倉庫と化し、これ以上は無理。
南側の2台も・・・下は既にあれやこれや・・・蓋の上も考えたけれど、随時開閉するので、無理。

8229846_1979434435_204large.jpg
(流石に近くから撮ることは躊躇われ、細部が見えぬよう遠くから)

しかも、3箱全て単なる飾り物ですから・・・
暫く頭で、他の部屋の片付けと共にパズルをします。


(それにしても何と乱雑にはみ出している楽譜たち。3.11.では1冊だに落ちなかったのが不思議。いや、それほどぎっしり、奥まで差し入れることが出来ないくらい…ということだろうか。一応アルファベット順に並んではいるのですがね…)


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/915-fa71cafd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「HOBBY」を «  | BLOG TOP |  » Peter Minichの訃報が…!

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する