FC2ブログ
A D M I N

2020-04

パソコン苦戦記 - 2008.04.17 Thu





帰国してどんどん疲れが蓄積していく原因のひとつには,絶対パソコンがあると思う!!
パソコン,と言っても「パソコン作業」ではなく,飼い主に似た「パソコン本体」のお馬鹿ぶり・・

購入したのは11月半ば過ぎ。
それ迄(Macをお使いの方ならご想像頂けると思いますが),2001年からずっとOS 9の一台を使っていたのです。PowerBook G4というもので,値段を考えたら「ずっと(壊れる迄)使えることが当然」と思っていた愚かなわたくし・・・毎年ヴァージョンアップされたものが市場に出ていることも知ってはいたものの,な~に,みんな宣伝に踊らされて…と相手にもせず。
Pantherが登場した辺りからは周囲に勧められてマニュアルのみ買った形跡。Tigerが登場した時には,既にOS 9は古い,と身をもって不自由を感じていただけにちょっと心が揺れた。けれど多忙に紛れてそのままに。
しかし昨年秋からはいよいよ使えなくなった。まずInternet Explorerが一切機能せず。念の為に入れてあったMozillaも殆ど使えなくなった。Firefoxをダウンロードしろ,と画面が出ても,ヴァージョンに対応していない,と。しかも再起動する度に,何かが損傷しています,とか何とかコメントが出る様になった。その他,ダウンロード,インストールすべきものも一切OS 9には対応しなくなった・・バッテリーだけは別ルートで韓国製が買えたが。

さて,漸く仕事が少しだけ一段落し,親切な友人(いや,あらゆる面で尊敬する「先輩」と呼ぶべき!)が付き合ってくれ,吉祥寺のヨドバシにて必要最低限を揃えた。(注文も,先輩がメモを見ながらポンポンと店員に注文してくれた…私,立っているだけの人
モノは最新のLeopard!!しかもMacBook Proという少し画面の大きなもの(目の事情から)。
帰宅して早速箱を開けてブツをパソコンデスクに乗せ,ワクワクとスイッチを入れてみた・・・が・・・現れたのはTigerの画面。ここで又先輩に電話したところ,早速店に問い合わせてくれ,このブツが梱包の中のDVDでLeopardにヴァージョンアップして使うものであることが発覚した。
道理で安い訳だ!!!いや,決して私にとって安い訳ではないのだけど…しかも中国製。調べてみたら,今はもっと安くなっている様だ。
(そこに至るまですら色々ご助言くださった先輩!有難うございました。帰宅するや,ソケットの接続から電話で訊いたのですから…私の古い方は,丸いものにコードをグルグル巻いて長さを調節するシロモノだったのです…あとは押して知るべし,の質問
部品
(この豚の鼻みたいなのは何?とか電源コードを繋ぐ場所が無い,とか…今はマグネットで付くのですね

部品




さて,迷った結果,どうせまだ色々なソフトが対応していない事だし,とTigerのままで使うことにした。

と,ここ迄は良かったのだが,Tigerとは言え9.2からいきなり10.4です。
メールをどうしたものか・・・それまでのOutlook Expressは使えない。
古い方に入っていたアドレスはExcelに移動してあり,又殆どの中身はMOにバックアップは録ってあったので,まずはそれらを新しいパソコンにMO経由で移すことにした。このMOの枚数たるや・・・(古いパソコン容量は,たったの10GBでしたから)
OS9のフォルダをLeopard,もとい,Tigerのデスクトップ上に作り,MOごと片っ端からずり~~~,ぽとん!ずり~~~,ぽとん!・・・移動しては入るのを待った。
そして,それらを外付けのハードディスクに移動したのではなかったかな?と思う(何と物忘れの早い・・・)
この作業だけでも毎日時間を少しずつ割いて,数週かかった

メールは当面OfficeのEntourageを使うことにした。というのもOEと画面が殆ど同じだったから。でもアドレスブックをコピペする煩わしさ・・・
ところが何かあれこれいじってたところ,アドレスブックにExcelで作った一覧がそのまま入ったではないか!!しかもMacの「Mail」というメールソフトでは,アドレスブックが使える!!
それに気付く迄,古いパソコンからメールだけは送受していた。

・・・と,そんなことをしながら,12月はいくつか入っていた仕事を終えた。
そして出発にあたり,やはりLeopardにヴァージョンアップしておこう,と大嫌いな円盤作業(のインストールを私はこう呼んでいます)を我慢して行う。



ウィーンではブログの通り,問題なくパソコンを使い,不明点は持参した5冊の本を調べつつ,一度も苦境に立つこともなく過ぎた・・・

問題は帰国してから。

その1.メールが消える!!それも.macのアドレスに限って。
これは,古いパソコンを開けてメールを送受する時に消える事が判明。他のサーバーのものは両方で受信出来るのだが,.macのものは古い方で受信すると,新しい方の既に受信トレイに入っているものが消えてしまうことが分かった。古いパソコンは10分おきに自動受信する設定にしてあったので,メーラーを開いて古いメールに返信を書いているからいけないのだ!と,気付いてまずは自動受信設定を解除。念のため,アカウントから.macも削除した。その間,諸先輩に頂いたご意見,有難くお礼申し上げます。でも,結果的には駄目でした・・・他のアドレスがPOPであるのに.macのみIMAPである事と関係しますかね?サーバーに保管出来ないのです。もう古いパソコンは開きたくない!となった今は(しかもそのパソコンの上には年賀状や手紙類が山積み),12月まで古いパソコンに頂いたメール,及び新しいパソコンから消えてしまったメールの返信は放棄することにさせて頂きました。古いパソコンにて拝読しておりますが甚だすみません。そういう事の次第です。

その2.夫のパソコンをXにヴァージョンアップする試み。
夫のパソコンは既にXが主流になっていたにも拘わらず,9で設定してずっと使っていた。というのもその前の年に買った娘の9は,Xも入っていたのだが,うまく設定が出来ない頃のものだった様で,それを聞きかじっていたのと,Xの使用では,9を使用している家族達から教えて貰えない,と思ったのだろう・・・
去年からXにしたい,と言いつつ行動に移さないじれったさ!!とうとうヨドバシにて外付けハードディスクを買い,まず念のため中身全て(HDも含め)のバックアップを録った。そして購入時付属のマニュアル通りの作業でめでたくXが開けた!!
とは言え10.1です…(でも既に,「ドック」,そしてメールも「Mail」だったのですね~~)
ただ!!ここからが報われない諸事。
まずIEのヴァージョンアップも出来ず,Appleのサイトすら開かない。Xとはまさに名ばかり。9と同じです。幸いMozilla系の「和じら」なるものをダウンロードしてあったので,当面は9経由でWazillaを使って貰うしかありません。Xに対応していないものは9で開けるので,我慢して頂くしかなさそうです。(最初からXで使えば良かったのに!と私は思ふ

その3.私のTime Machineが機動しなくなった!!
それ迄と同じ様に,いくらHDDを繋いでTime Machineをクリックしても何も起きない。次のバックアップの時間が出るのみ。ならば,とその時刻まで待つが,その時刻になっても何も起きず,画面には次の時刻が出るだけで終わる・・・
つい最近,MacBook Proでの不具合を解消する,という「ソフトウェアアップロード」のお知らせが出ていたのだが,「これは時間がかかります」「うまく行かない場合もあります。その場合はAppleに連絡して解消してください」その他,読むのも億劫な諸々の説明付きだったので放置してあったのだ。
でも,関係あるかも・・・・と意を決して(何と大袈裟な!)アップデートのOKをクリックし,出るコメントは手書きで書き写し,スリープマークがチカチカしてバーン!と音がするまで電源ボタンを押して待ちました。思っていたほど時間もかからず,一発OKだったので安心。
そしてHDDを繋いでTime Machineをクリックせども,何も動かない。4月9日までは繋いでクリックだけすれば難なく自動的にバックアップを録ってくれていたのに・・・どうやらそのアップデートとは無関係の様です。
さ~~~,どうしたものか・・・と,「トラブルシューティング」の本をぱらぱらめくっていたら,メニューバーのタイムマシンのアイコンから「今すぐバックアップをとる」を選べることが判明(以前からそれもあったんですけどね~~~・・・)。駄目元でやってみたところ,すんなり稼働するではないですかい!!

・・・と書いてみるとたったこれだけの事なんですけどね,専門外の事で脳を酷使しましたよ,実に疲れました!!
でもね,長生きしてみるものです。知らない世界に触れるのも又楽し。(どこかで「迷惑だ!」との声が聞こえる気がしないでもないが・・・)一生アナログ人間であろう,と思っていたこの私が!!

と,こんなつまらない文章を最後まで読んで下さった方にはお礼&お詫びの言葉も見つかりません

2001年に初めてパソコンを購入したいきさつは又改めます。(これを書こうとして画面を開いたというのに




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/83-aafc7106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

動画その3 «  | BLOG TOP |  » その後(タイトルに困る日々で)

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する