辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

久々のフィギュア! - 2012.12.23 Sun

国内のこととは言え、久々に(何年ぶりか?)見たフィギュア、感心してしまった。
うるさい私、どうしても音楽と結びつけては、使っている音楽と強拍弱拍のステップがずれている、だとか、脚しか考えていない、回転ばかりで音楽の頂点はどこ?しかも回転の準備ばかり考えているから「ただ滑っている空白」が長すぎ、など、(このブログにも)随分書いてしまっているのだけど…
楽器の練習も然り、どれだけ専門外での体験があるか(子供なら「遊んだ経験」があるか)、ということにかかってくることもある。

今回の浅田真央さんを始めとする何人か、単なるスケートではなく、音楽表現と一致したテクニックの工夫に感心させられた。以前にも書いたけれど、回転ジャンプ、どこに入れてもよい、という訳はないと思う。音楽で言えば前打音や1拍目に向かう大きなアルペッジョに該当する訳だろうし、脚が大変でもその分、手の指先までが音楽を表現出来る筈だし。音楽のバスの流れと脚の動きが一致すると自然に感じられるし、スピンの身体の姿勢の変化は、音楽の頂点に向かって高くなって行くと自然に感じられる。
バレエ音楽を使った方々、やはり物語を表現するバレエと共通点はあるべき・・・

といったことが実行されていて、久々にテレビで見て、驚いてしまった。
ジャンプの前の以前は何秒もあったと思しき「準備のためにただ滑っている時間」も殆どなく、自然にジャンプに移っていた。

又、本来はジュニアの年齢の少女たちも圧巻・・
指導者や振付の方々が勉強・試行錯誤されたのではないか、と敬服。

それでも世界の壁はもっともっと高いのだろうなぁ・・・


(話は変わるが)政治家のお歴々、どれだけ海外で生活し、自分でお金を払って買い物をなさったか。
日本の中で、議事堂や総理官邸という仕事場の往復だけで、何が分かろう?と思ってしまう。
世界を知るには、海外で生活してみて、初めて外交なるものが改善されると思うし、経済状態も含めて「手段」が見えてくるのではないか?

と、外野は何でも「書くだけ〜〜〜」
しかも走り書きで「保存」をクリックしたら「メンテナンス中」だの「障害発生」、更に下書き保存の状態に戻ったり。

エイッと「保存」を再度クリック・・・
(今度は反映されてしまった!近々文章を直します)

関連記事

● COMMENT ●

フィギュアスケート TV放映

今年の町田樹さんのプログラムは松田聖子さんの「あなたにあいたくて」ですよ。ご自分の振り付けです。
しっとりと恋心を演じて いろんな世界を見せてくれます。
鈴木明子さんはブラックスワン これは今までの彼女の演技の中でも最高!と話題になっています。凄みのある鳥肌のたつ演技ですって。私はまだ見てないのでテレビで5日放映のファンタジーオンアイスが楽しみです。是非みてください。31歳でもまだ進化していくってまれな事かもしれませんが 年月体験と重ね研鑽を積んで幅を広げてさらに素晴らしくなると思います。このお二人はスポンサーもないし 現役時代には不運な採点とも思われましたが 持っている才能と努力で長く活躍しています。関係ないかもしれませんがピアノの練習の最適な時期は若い頃かもしれませんが 年ととっても少しでも前進していると感じることができるのは嬉しいです。不可能かな と思った曲で弾けそうな曲にちかずいていく。そういう喜びをずっと持ち続けたいと願っています。

Re: 芥川賞受賞作品 スクラップ&ビルド

NHK杯のエキシビションの再放送を見ました。
鈴木明子さんの素晴らしい演技も。
プルシェンコも久々に。
どの世界も、ステージ以前のトレーニング、それ以前の肉体作り、と最近(衰えを)痛感しているので、刺激を受けました。
試合ではミスが減点になりますが、今日のようなのは良いですね。思い切って表現が出来て。
浅田真央さんの演技も感動しました。

芥川賞受賞作品 スクラップ&ビルド

昨年の芥川賞受賞作品 スクラップ&ビルドに鈴木明子さんの事を書いてあるというのでちょっと見てみました。そこには 引退を発表したばかりの28歳の女子フィギュアスケート選手の試合をテレビで見るシーンがあり「誰よりも気高い肉体と精神の持ち主であるアスリート」という表現に敬意が感じられます。作家と鈴木明子さんは同じ年という事です。今31歳若い、そんなふうに作品に書かれて鈴木さんも報われる気がします。その全日本のときは28歳で実際に引退したのは29歳世界選手権8位でした。
今でもアイスショーでは華麗な演技を見せてくれますが今はジャンプは苦手です。それで29歳という年齢まで世界のトップクラスで現役を続けるのは大変な事だと改めて思いました。なにが彼女を支えたのか?ファンの声援の中 競技に臨む 喜びもあったと思います。
女子の場合は特に ジャンプは若い方が有利みたいで あのジャンプの天才の安藤美姫さんも今では3回転は無理みたいでどうしても 競技では良い成績は難しい 29歳まで現役で世界選手権に出た例はあまりないです。でも若い有能な選手が☆☆☆のように大勢出てきて全日本テレに観戦はとても楽しかったですよ。
世界選手権でも昨年も宮原選手が二位でしたが今年も表彰台に乗ると思います。男子は羽生選手がものすごい事になっています。アイスショーもテレビでよく放映されるので毎日のようにテレビ観戦しています。
鈴木さんが後輩に「ジャンプはミスが出る事がある。でも表現は練習と同じように試合でもできる ジャンプのミスを引きずらない 自分の持ち味をアピールする」と指導していましたが 私も難しい早い部分とかはミスがでてもしかたない しかし良い雰囲気 自分の持ち味もあるという気持ちで 良い音色 良い雰囲気を探しながら ピアノの練習をしようと思います。何しろ年寄りではじめたので 暗譜は全然できないし頭も体も手も覚えなくてミスなしでは弾けません。今練習中の曲はとても気に入っているので下手でも良い気分です。


Re: No Title

いよいよ始まりますね。
我が家は2004年に購入したテレビも古くなり、HDDも削除すれども満タン!今年は新しいテレビに録画機能もバッチリです。
うたた寝ばかりしているのは、今年は頸椎ヘルニアで処方されたリリカという薬の所為。ホッとひと息つくといつの間にか眠っているのです。
何だか皆さん引退が早くて勿体ないです。
そうですか…人数に枠があるのですね。

No Title

鈴木明子さんの最初の振り付けで 本郷選手(キダム リバーダンス)
フィンランド杯で優勝しました。本郷選手の長い手足の演技に鈴木明子さんの表現力が乗り移ったように見えました。
テレビ解説も鈴木明子さんでした。現役中はスポンサーがついていないので特点面では不利だったのですが引退後は解説に振り付け等凄い活躍ぶりで嬉しいです。ソチオリンピック代表選考で織田さんも本当はソチに行ける力を発揮したと私は思うのですが同じくスポンサー等の関係で泣かされましたが引退後は凄い活躍ぶりです。今季の愛の夢は素敵ですよ。
努力は報われる 長く活躍できると思います。
フィギュアが大好きなのでいつも録画してみています。
グランプリシリーズも始まりますね。

本当に、世界を見て世界の舞台で豊かな経験をなさった日本人が、これから後進の指導にあたって行かれるのでしょう。
バレエでも、ウィーンのオペラ座所属のダンサー達、70年代は余りパッとしなかったのですが、パリオペラ座のエトワールが指導するようになってからガラリと変わりました。
振付・指導の存在の大きさを改めて感じます。

フィギュアスケート

フィギュア観戦大好きです。フィギュアスケート以前は世界との差が大きかったのに近年では有名な振り付け師やコーチの指導も受けてフィギュア大国となりました。
振り付けも以前はほとんど外人の振り付け師さんだったのですが近年では宮本賢二さん 佐藤有香さん
阿部菜々美さんと日本人も活躍しています。 昨季での引退スケーターも織田さん安藤さんは指導者 鈴木さんは振り付け師を目指しているということです。29歳と女子ではまれな年齢まで現役を続けてコツコツ努力してきた鈴木さん 産後の頑張りを見せてくれた安藤さん 能力はあったのに思うような結果に結びつかなかった織田さん 皆惜しまれながらの引退ですが引退後はアイスショー等でより輝く演技を見せてくれています。
それぞれ指導者 振り付け師として世界で活躍できると楽しみにしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/818-d25e1f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

基礎はやってやり過ぎることはない «  | BLOG TOP |  » 病院予約あれこれ

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する