FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-10

病院予約あれこれ - 2012.12.21 Fri

一昨日は眼科。
使い始めたムチンの目薬ジクアスと3倍濃度のヒアレインの効果報告。
効いてはいるのだけど、やはり痛痒い時が多く、タリビット(大学病院からずっと処方されていた)を点すと数日で治ること(もあること)などを話した。
やはり、目が余りに乾燥すると感染し易いのでしょうね、そのようにお使いになって大丈夫ですよ、とのこと。
一安心して、今までの点眼薬も使うことにした。ジクアスとヒアレインの0.3%のものも処方された。

昨日は皮膚科(大学病院の予約)。
最近、市販の風邪薬であっても服用すると、何か全身の痒みというか(目の痒みもそれか?)、どこかがむず痒く…という話をした。
そうそう、以前(もう2年前かもしれない)耳鼻科で処方された薬の残りを勝手に飲んで、偶々その日が皮膚科の予約が入っていて救われたのだけど、運転しながら口の中の痒さが徐々に喉の奥へ入り、駐車場に停めるや、呼吸が苦しくなったことを思い出した。そのうち全身も真っ赤になり…呼吸困難…アナフィラキシーを起こしかけたようで、皮膚科で即刻点滴を受けた。本当にタイミングよく救われた出来事だった。
そういうこともあったので、アレグラを3ヶ月分しっかり処方された。公費負担で。これ又、助かった・・・長い病院の休み中は何が起きるか分からないので。
その後、以前足指を折った痛みで駐車場から外来棟までも歩けず断念したリハビリの予約を取りに、リハビリ室まで出向いた。


さて、今日は漸く歯医者!!
近所の、さんざんお世話になっている整形外科の入っているビル2階(1階はスーパー)が、クリニック階と言いたくなるほどで(今月からカーブスもオープン!!)、そこに歯科が入っていることが分かり、先週予約を取り、最速で今日。
11月1日に成田で取れた詰め物。ずっと爪楊枝とガムで頑張ってきた。
すぐに写真を撮って(上下それぞれ全体も)見せてくださったところ、治療したことのある大臼歯、奥の方はちゃんと金属が残っているのに、手前の一部、金属が外れたらしい(それとも欠けた?)。その歯の金属を見るに、高校時代に受けた治療かも。
穴は小さいけれど、中はがらんどう・・道理でガムしか手立てが無かったわけだ。

今日は消毒や抗炎症作用の薬と取り敢えずの詰め物で応急処置をして、全体の歯石を取れるところまで取り、あとは年明けとなった。
歯医者は30年ぶりかもしれない。親不知を抜いたのが30代初め。子供達の付き添いで何度も足は運んだが、私自身治療を受けた記憶がない。(その先生は10年以上前に亡くなられてしまった)

その歯石や汚れの写真を見て、唖然・・・酷いことは分かっていたのだけれども。

こんなことを書くと、又「何でも書きすぎ」とのご指摘を受けるかもしれないが、皮膚筋炎での入院中、握力も腕力もなくなり、歯がうまく磨けず、退院した頃はお歯黒状態だったのだ!!今思うと、シェーグレンによる唾液不足も相俟っていたのだと思う。それでも段々力が出て、黒い部分も月単位で減っていったのだけど(黒くとも自分が困ることはない)、歯石ばかりは歯医者に行かねば!とずっと思いつつ・・その大学病院には歯科がないので、(痛ければ必死に探すのだろうけど)ついつい後回し。

1時間もかけて外側だけ歯石を取って磨いてくださった。まるで他人の歯のようにピカピカすべすべ・・・
プロの業は何ごとに於いてもすごい!!と又しても感心してしまった。
次回(来年)は内側の歯石取りを済ませ、その後麻酔を使って詰め物の取れた歯をきちんと治療してくださるそうだ。
もっと早く、そこの歯科の存在に気付くべきだった!!
しかも、何十年も貯めた歯石!!歯科医に申し訳ないくらいの量だった・・・

と、こんなに今年も押し迫って医者通いの日々。仕方ないか…11月末までは身動き取れず…

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/817-558cad2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久々のフィギュア! «  | BLOG TOP |  » Macよ!

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する