辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

なかなかTonikaで終わらないCoda - 2012.12.10 Mon

洗濯機が壊れた!!

先月帰国した日、まずやったのは洗濯機を回したこと。
その時も、どうも妙な音を立てて、特に「毛糸洗い(おしゃれ着洗いだったか?)」の脱水がいけない。引っ掛かるような音がして、なかなか水が減らない。

と思っていたら、今日はとうとう「さようなら〜」。
2004年の春から使ったのだもの、仕方ない。


たった1枚、私のセーターを洗い、脱水する時にどうも床が濡れている気がした。
しかも、今日初めてではない様子。床(シート)の隅々が剥がれて浮き上がっていたり、部分的に変色もし、隅々はカビの様な黒ずんだ色…一体いつから?という位。
洗濯物を突っ込んでONにするや、洗面所を去ってしまうために気付かなかったようだ。


今日は漏れ出る水をタオルで吸い取り、使ったフェイスタオルは5枚ぐしゃぐしゃ・・バスタオルまでも数枚登場。
さて困った・・

こういう時は、K山さんだ!!

2002年に母屋が全焼し、解体時には我々の家にシロアリの被害が見つかり(北側の柱全滅、壁板はザーーっと落ちた)、建て替えを余儀なくされた時、色々な条件(まずは義父の絵を描くスペースに我々のスタジオ、そして5人の居住スペースも)を満たすのは不可能と思えた。
息子は「もう家族全員で暮らせる機会なんて今しか無いのだから」と前向きだった(その割にはさっさと移住したが)。
色々な業者に設計をお願いしたが、何かが満たされない。配置出来ていても、どこからも楽器(当時、ピアノは2台で1台はフルコン)を入れられない・・粘土のようにぐにゃぐにゃと曲がってくれれば、の状態。アップライトであったとしても入らない設計。その他、1人の部屋が4畳半くらいだったり、やたら込み入った廊下があったり・・
そんな中、最後に出会ったのがK山さんが持ってきてくださった魔法のような設計図!義父の絵を描くスペースに寝室(大きな絵は長野のアトリエがある)、我々の充分なスタジオの広さ、2階は各自の部屋の広さも約7畳、そしてリビング。
そして現在の家となり、本来考えていた義父の部屋に私の母が…は叶うことなく、母の方が先に逝去してしまったのだが…義父も亡くなり、今は娘夫婦が住んでいる。

話がどうしてこう逸れるのだろう??それも長々・・(考えながら書かないからです)


閑話休題。
ご多忙の中、現場での仕事を終えて我が家に寄ってくださった。
そして洗濯機の底が壊れていることを見つけ、運び出し、庭の物置の中で眠っていた母の新品同様の洗濯機を運び入れて接続してくださった!!!・・壊れた洗濯機の下の様子は…敢えて書くまい…

あぁ、助かった!!!

その日から困ってしまうもの・・・
感謝感激!

母の洗濯機があったのは、2006年当時「最近は電気メーカーが儲からないので数年で壊れるように製造している」というニュースを聞いた直後だったので、物置に保管しておいたのだった。私の吝嗇の為せる業。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/814-f2f260aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Macよ! «  | BLOG TOP |  » 国による消費税

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する