辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

Volksoper(Die Fledermaus・2回目) - 2012.11.23 Fri

(11月23日後半の日記/25日記載)前半は未編集ながら、後半へ。

夜はVolksoperのFledermausへ。
内容その他は省略…馬鹿話のみですみません。

今回の座席
8229846_1832587889_147large.jpg

Loge(ボックス席)2階の最もステージに近い最前列。
プロンプターボックスの中が少し見えます。娘の席からはもっと見えます。頭も時々見えます。
8229846_1832587791_116large.jpg

8229846_1832587832_4large.jpg

ステージの方々がどれだけプロンプターを頼っているか、ということがとてもよく分かりましたし、更にそのステージの方々の演技を指揮者がオケに合図を下している、という、当たり前と言えば当たり前の「チームワーク」が大変よく見え、娘はとても楽しんだようです。

オルロフスキー公爵家での最後のバレエでも、娘が大ファンであるFlorian Hurlerのソロがあり……

話は逸れますが、今期のVolksoperにはCarl Orffの"Carmina Burana"があったのです。我々は、いくらバレエでもVolksoperでCarmina Buranaなんて…とチケットの購入すらせず。ところが!!フォルトゥーナの役をFlorian Hurlerが・・・娘が地団駄踏んで口惜しがったことは言うまでもありません。
でも、その公演は全て終了し、それに比べればFledermausなどチョイ役、きっと出るに違いない!との娘の予想は当たり!
折角なので2度目のこの日には「そうだ!」と思い立ってデジカメをスタンバイしたのでしたが…SDカードが……
とても残念な結果になりました。ステージを所狭しとソロで回転する前でカード終了・・・

[広告] VPS



出掛ける前は、気分がすぐれない、と嫌がっていたのをタクシーを呼んで連れて行き、終わってからはいつもの店で娘はグーラッシュ(お腹は大丈夫なのだろうか…)、私はレバーのフライを頂きながら、公演の話に盛り上がって過ぎました。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/801-f54a5b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

教科書が欲しい «  | BLOG TOP |  » Lehár-Schikaneder-Schlössl

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する