辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

ドイツ最終日 - 2012.11.14 Wed

朝起きて片付けをして、荷造り。
11時チェックアウトで、少し前に二反田夫妻もあっこちゃんもいらしてくださった。
二反田君、もとい二反田さん、病気をされたのにどんどん私たちのスーツケースを車に運んでくださって…恐縮の極み…私に出来るだろうか、と思う。

しかも「何時の飛行機だったかしら」の問いには「5時45分ですよ」って…。これでは立場が逆転です

充分に時間があるので、まずは娘の希望、12日に行きたかったらしいGummiの店、Bärenlandの名前が真っ先に出てきた!あっこちゃんのご案内でAltstadt(旧市街)へ。

通り道、ハイネにまつわるあれこれ。
8229846_1825612808_182large.jpg

8229846_1825612812_124large.jpg

街並(順不同)
8229846_1825612806_31large.jpg

8229846_1825612860_16large.jpg

8229846_1825612771_136large.jpg


いよいよGummi屋さん
8229846_1825612791_160large.jpg
(携帯もピザも皆Gummiです)

8229846_1825612794_109large.jpg
(アドヴェントカレンダーも中はきっとGummi)

中は撮りそびれました。


並びにSenfの店があり、数え切れないほどの味のものが並んでいるばかりか、中央に試食用の瓶が並んでいて、自由に試せる。
しかも一瓶が1.75€・・・本当???
二種類買ったが、多分ウィーンで食べてしまうに違いない。

市場もある。
8229846_1825612776_204large.jpg

8229846_1825612777_3large.jpg


車で、先日閉まっていたイタリアン"Portofino"に5人集合。元日本料理屋だったそうだ。
私はランチメニューの、かぼちゃのスープと鮭…(日本だったら3人分ありそうなサイズの)、それにジャガイモのラザーニアのようなものが添えてある。たっぷりの生野菜も。
お喋り楽しく、気付いたら3時。
空港へ・・・まだ早いのだが、行きのウィーンを思い出し、まさかね…とは思うものの、早めに手続きを済ませることにした。娘は私の「のろさ」をよく知っているのでなおさら・・・いや、本当にのろい。我ながらイヤになるほど。

余りに名残惜しく、何度も何度も挨拶して手を振る私に、皆さん「いいから早く行きなさい」と・・
いや、本当に名残惜しかったです。


機内では軽食が出て、あっと言う間、無事にウィーンに着いた。

タクシーに乗り、途中まだら模様のように霧がかかっていた。
「霧ですか?」と訊くのに、「Nabel(お臍)」と言ってしまい、言ってから我ながら大笑いしてしまった。
「Nebel」です!!長く使わないと、こんな初歩的な単語すら咄嗟に出ないわたくし…。
運転手さんによると、Donaukanal(ドナウの運河。街中もうねうねと流れています)辺りだけ、霧がいつもかかるそうです。

4日空けただけなのに、懐かしく思えるウィーンの宿。
まずは洗濯機を回して、本日の課題終了。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/784-559a60c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

娘の不調… «  | BLOG TOP |  » ボンとケルンへ

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する