FC2ブログ
A D M I N

2020-04

又眼科のお世話に… - 2012.10.30 Tue

パソコンに向かうのも良くないのですが、今さらとなってしまい…

先週、目がゴロゴロして痛痒かったので近所の眼科に行ったところ、今度は「結膜炎」。
二種類の点眼薬を処方して頂けて、辛うじて良くなってきたのだが・・
(約1ヶ月間旅行する話もした)

近所の眼科、と言っても、…常に楽器の先生に置き換えては「かくあるべし!」と考えさせられることの多い、街の素晴らしい女医さん(特に「梅ちゃん先生」を放映していた頃から思う)。
数年前、その近くのイタリアンでバイトをしていた娘は、昼休みにランチを食べに来られる先生や看護師さんご一行(さま)を、「医者らしくなくて(?)感じ良いし、居合わせた患者さんにも信頼されていたし」と…

待合室に、宇宙飛行士の毛利衛さんたち3人による寄せ書きが掛けてある。学友かな??計算するに…
類は友を呼ぶ。どの世界もそういうことかもしれない、とこれも常々思っては己を反省。


今日出向いたのは、目のゴロゴロもさることながら、最近夜中に目を閉じているのに目が乾いて乾いて、眼瞼が眼球にぴったりくっついてしまうほど…
それを話すや(以前からシェーグレン持ちであることは話しているが、大学病院で診て貰っているであろう、と推測なさったかも)、初めて涙の量を測った(量った?)。5分間、試験紙が針のように痛かった!

結果は惨憺たるもののようで、「可哀想に!」だった。
こんなに酷かったら、涙点プラグで鼻涙管を閉塞(という言葉遣いではなかったが)してしまう方法もある、と言われた。
今すぐ何を、ということは出来ないけれど、飛行機は感染症予防で湿度を落としているから、出来るだけ目を閉じているように、とのアドヴァイス。
そうそう、先週何となく見ていた「ためしてガッテン!」で紹介されていた「ムチン」の点眼も有効、と言われた。番組によれば、最先端の日本の医療としての紹介だった気がする。それを受けられるのなら、何と幸いなこと!
でも帰国してからでないと、とも言われた。旅行中に薬で何かあったら大変、ということだ。

あぁ、楽になりたいなぁ・・・
・・・いや、不調は常に負荷の量と比例しているのだから、負荷を減らせばよいわけで。
ドライアイ、というよりは膠原病のシェーグレンなのだから。

ヒアレインは今まで0.1%のものを大学病院から処方されていたが、0.3%のものに切り替えて、旅行用に2本出してくださった。助かった!これで可成り違うかも!!


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/765-d4b81b95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネットにつながらなくなり «  | BLOG TOP |  » すっかり元気

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する