FC2ブログ
A D M I N

2020-03

又やってしまった!!! - 2012.09.05 Wed

昨年6月初めに左足第5指を、廊下の散乱物に引っ掛けて骨折したことを書いた。
その後、左足を庇って廊下も右側通行の癖がつき、右第5指を引っ掛けて骨折したのが、…昨年7月だったか…

その6月は完全に二つ目の骨が斜めに折れて、殆ど直角に外側に曲がってしまい、慌てて第4指を副え木代わりにしてテーピングして、近くの整形外科に行った・・・


今日は、以前より気になっている余りにデッドスペースの多い音楽室…夫婦共有の…ピアノの形状から大小3台並べるとそれだけでも通路だの奥側の三角形のような空間だの、使えない場所だらけ。
折角大きなスピーカーのステレオセットがあっても、スピーカーが余りにピアノの椅子の背に近く、全体の響きを聴くことも出来ない・・
他にも先日来気になっていることが山ほどあり、よし!!やってしまえ!!と朝起きて、物を少し動かしては掃除機をかけてワックス・・又少し移動させては掃除機をかけ、ワックス・・・の反復3−4時間。

ピアノは、脚がピアノ用の滑り止めを兼ねたトレイに乗っている為、1人では動かせない。
夫に手伝いを求め、2人でピアノの隅を持ち上げてはトレイを足で蹴飛ばしてどける。
あとはキャスターが付いているから楽に動かせるのだが、これとて散乱物をどけながら180°回転させつつ移動させる作業なので、2人で。
勢い余り・・・・・


ピアノの脚が、私の左足第5指を蹴った!!!!!(と思えた)

見たら、ちょっと擦り剥けていたので、イソジンゲルを縫って絆創膏を貼ったのだが、痛みはもっと中の方にあり・・
去年パッキーンと折ったところが又折れたか、ヒビが入ったか・・といやな予感が・・
家の廊下すら、歩くと痛む。


午後の診察開始時刻を待って、車で近所の整形外科へ。

レントゲンを撮って貰った。真上から、斜めから、横から、の3種類。
真上からは異常なし。つまり、去年折ったところは無事。
横からの映像が・・・ちょっと怪しい、と先生は言われる。

画像のプリントアウトに「末節骨不全骨折」と書かれた。つまりは「ヒビ」だそうです。
第5指は関節が2つある人と3つある人が居て、私は正面からの写真だと2つ。
幸いというか何というか、去年の骨折時の写真があり、パソコンで並べて見せてくださった。その時派手に折った箇所はきれいに繋がっているのに、その末節骨とやらの下側(床に当たる側)にヒビが入っていました。
二次災害に気を付けるよう、歩き方に気を付けて、と言われてきました。ヒビが上部まで突き抜けないように生活しなさい、とも。

家に戻れば、片付け途中の音楽室の散乱で全く足の踏み場なく・・
これでは逆に二次災害が起きるかも。

痛み止めも飲まずに、頑張って何とか配置換えは終えました。
(痛みは「危険信号」。痛みを薬で止めたら、危険なことが起きていても気付かない、という意味で、です)

明日からは足を休ませる

やれやれ・・・・・年齢を意識しよう・・・・・
部屋は、あとは夫の散乱物のみとなった…あとは知らない……(片付けてね!



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/751-69d7eda5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

足のその後 «  | BLOG TOP |  » SjS? SS?

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する