FC2ブログ
A D M I N

2020-04

SjS? SS? - 2012.09.01 Sat

Sjögren syndrome(シェーグレン症候群)のことを、ついこの前までは「SjS」と表記していた気がするのに、いつの間にか「SS」になっている。
多分、Stevens-Johnson syndrome(スティーヴンス・ジョンソン症候群)を「sjs」と表記するようになったので区別するためでは?と、又してもドシロウトの推測。

SSは膠原病の続発性疾患としても有名で、私にも潜んでいる。
ささやかなステロイドが効いているのか、酷くなることはない。
最近は、元の病気「皮膚筋炎(DM)・多発性筋炎(PM)」よりもこちらの症状がよく起きる。
涙が減って角膜が傷つきやすい、感染しやすい…ヒリヒリ感に悩まされ、処方されているそれ用の目薬4種類は手放せない。
今週初めは唾液が減り、朝のトーストが全く食べられなくなった。
鼻水も少なくて、ずっと鼻の奥、指も届かないところ(喉に近い)かさぶたが出来たような感覚で…それは昨秋酷い風邪をひき、何日にもわたり思いっ切り鼻をかんで、どうやら全部取れたらしい。抗生物質も良かったのか、鼻炎用のスプレーも良かったのか、鼻に関しては目下苦痛はない。鼻風邪をひくと丁度良くなる。

ストレスが溜まると、これらの症状は酷くなる気がし、ただですらこのところは専らパソコンでのデスクワーク。良い訳ない。
一番しんどい作業は、…4時間弱の音源が1つのmp3ファイルに入っており、iTunesの画面を一杯に拡大しても、スケールだかゲージだかは8センチ弱の横棒(何という表現だ??)。秒単位で目盛り(メモリに非ず)を動かすことは不可能なのだけど、出来るだけ近いところまで動かそう、とまばたきもせずに指先の感覚を発揮して動かす。何度繰り返しても分単位でしか動いてくれないのだけど、稀に近くまで来ることもある。そのタイムを記載しておいて、その次は最初からそこを選ぼうとするものの、やはり駄目・・・
普通の人だってドライアイになる筈。


今日から9月。
7月8月は夏休みだった夫が、買い物や夕飯の支度をしてくれたのだが…

昨日は珍しく私が作るべく、頼まれていた薬を取りに出たついで、昼前に駅の向こうのスーパーで買い物をしてあったのに、生徒が終わってぐっすり眠ってしまい、気付いたら夫も帰宅していて、何と!8時だった。
作る力は勿論、食べる力もなく、又眠ってしまった。
折角友人からは「ブルームーン」のお知らせメールがあり、見ると幸せになることが書かれてあったのに…
あぁ、残念なことをしてしまった

一体何を書こうと、この画面を開いたのか分からなくなってしまった・・・
完全にボケておりますな

一旦送信

______________________________

あぁ、思い出しました。11時半過ぎにもなって。

余りの夏空が朝っぱらから眩しく、これから雷雨にでもなるのかも、と写真を撮って、ブログのトップ画像にしたのでした。
その事を報告しようと思っただけなのに・・・
最近日常の会話もこんなで


今はバラバラと音を立てて雨が降っています。



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/750-bf74feca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

又やってしまった!!! «  | BLOG TOP |  » 現実逃避

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する