FC2ブログ
A D M I N

2020-04

オーストリアの民族衣装(追加) - 2012.06.14 Thu

本サイト「別館」にアップする筈の写真…
流石に段々タグで打つ億劫さ。
ブログ画面は、一覧に入れさえすればクリックひとつで載せられるため、こちらに載せたものを相互リンクさせます。
こちらに載せるべき写真(第4章)。(反映には時間がかかることがあります…双方とも)

元々が、ブルクミュラーの話です。

オーストリアの民族衣装(Volkstrachten)がどんなであるか、と話が飛びます。
何百もの色々な種類があり、「民族衣装」と一括りには出来ない、と長い長いドイツ語の解説には載っています。

地方によっても違う。

まずはオーストリアの州と州都。

テーマはSteiermark(シュタイァーマルク)
可成りの広範囲です。

bundeslaender_convert_20120615235145.jpg
(C)Der Grosse Polyglott "ÖSTERREICH" POLYGLOTT-VERLAG MÜNCHEN

但しこの地図は現代のもので(正しくは1974年の)厚さ3-4cmあるReiseführer - 旅行ガイドから。
問題となっている1800年代半ばは、このようではありませんね?

1815年に…(遙か昔の机での勉強で、詳しいことは書けない…おぼろげな記憶も情けないほど消えました)、ウィーン会議の後の国境線は目まぐるしく変化しましたね?
1800年前後、ナポレオン時代の神聖ローマ帝国は、戦争の結果ライン同盟を組織させられ、ドイツはオーストリア・プロシア・ラインの3部に解体し、…話が飛びすぎますか… その後、西はヴェネツィア辺りまで、その北のチロル、東はハンガリー、北はチェコ・スロバキア、…問題のブルクミュラーが25の練習曲集を作曲した頃は、ウィーンはドイツ連邦内に入っていたか?

ともあれ、今のような落ち着いた状態ではなかった訳ですが、田舎の風景はのどかで変わらなかったことと思います。
シュタイァーマルク然り。アルプスの麓。まさにザ・サウンド・オブ・ミュージックの世界です。

余り話題を広げますと収集付かず。ボロも出ます。
テーマは民族衣装でした・・・

下は、同じ本から、おおよそ現代の各地方のスタイル。

8229846_1672955503_71large.jpg
(C)Der Grosse Polyglott "ÖSTERREICH" POLYGLOTT-VERLAG MÜNCHEN

民族衣装、と言っても、日本の和服が色々とある、浴衣すら和服のひとつであることを思えば、全く同じです。


ここから・・・ちょっと自己主張激しいか??
けれど、本物があった方が・・・と過去の写真を取り出します。

コレクションではないのですが、演奏会用、結婚式のお色直し用、父の油絵の題材、等々…どうしたことかDirndl(ディアンドゥル - 女性のオーストリアを中心とした民族衣装。ウエストをキュッと締めたタイプのスタイル)が何枚にも・・
本来、普段着用の物もありますし正装用もありますし、本当に何百種類なのだと思います。

その中から・・・
ウィーン物による演奏会の際、私の「箪笥の肥やし」を弦の方々にも着用して頂き、開催したもの。

8229846_1672950357_154large.jpg
(私が着ているものは、この時点では高価な別珍のエプロンが付いているのですが、クリーニング店が紛失したらしい…)


8229846_1672950356_106large.jpg


8229846_1672950391_229large.jpg

男性も同様、種類は沢山・・・
夫は今でも何着も持ち、日頃から好んで着ており、子供達はまさかオーストリアの民族衣装だとは知らずに育った…。

8229846_1672950358_220large.jpg


こんなものを披露するのも躊躇われますが、もう35年も経てば恥も外聞も無い。

(エプロンが付かないスタイル。ザルツブルクで購入)
8229846_1672950394_78large.jpg

勿論子供用もあり、下は30年も昔の・・・・

8229846_1672950355_30large.jpg  8229846_1672950354_90large.jpg


と、こんな写真たちを出さずとも、1番良いのは何と言っても

The Sound of Music ! !

8229846_1672950795_200large.jpg


8229846_1672950792_78large.jpg


8229846_1672950382_25large.jpg


8229846_1672950383_149large.jpg


8229846_1672950359_70large.jpg

子供も含め女性は全員、日常用のDirndlです!!
トラップ大佐も子供たちも、いわゆる背広と遊び着くらいの違いはあっても男性の民族衣装です。


さて、踊りがどんなであるか?という点。
このザ・サウンド・オブ・ミュージックは、もっと時代が新しい。
1800年代半ばではありません。
でもシュタイァーの踊りは出てきます。

この場面!
動画は違反になるので写真のみ。

伯爵夫人歓迎のパーティ
8229846_1672950381_90large.jpg

ウィンナワルツがいつしか長閑な音楽になり・・

子供たちがマリアさんに、
”What are they playing?”と訊き、マリアさんが、
”It's Ländler! An Austrian folk dance.”
と答え、踊り出す、そして大佐と交代する、というあの重要場面です。

8229846_1672950378_167large.jpg

8229846_1672950376_251large.jpg

8229846_1672950364_54large.jpg

It's Ländler! と答えている通り、レントラーの踊りです。ワルツの前身。

踊りに興味を持たれる方は、是非ステップをご覧になることをお薦め致します。

(動画を載せてみます)

[広告] VPS


©1965- Twentieth Century Fox Film Corporation and Angyle Enterprises, Inc.


以下は余談。
父が一時期、画商に頼まれて「ヴァイオリンの少女」シリーズを次々描いておりました。
その中から、Dirndlを着た少女数枚。

8229846_1674341334_114large.jpg

8229846_1674340736_150large.jpg

(下の2枚は、ガラスが反射して上手く撮れないので、斜めから)
8229846_1674338523_45large.jpg

8229846_1674338515_57large.jpg


これでおしまい。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/717-6d449a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

追記 «  | BLOG TOP |  » 眼鏡・その後

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する