辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

眼鏡・その後 - 2012.06.08 Fri

こんな日記を読まれて(敬語)、大変時間の無駄をなさっておられると思いますよ。


以前書いた眼鏡の件、先週末に3つが次々仕上がってきました。
但し、そのうちのフレーム2つは、量販店で買った、決して長持ちはしないもの。
試験的に…という意味もあり、そのフレームにレンズを入れ換えて頂いた。


まずはパソコン用。
椅子の背にもたれてもネット検索は出来る距離。
ワードも200%にせずとも記入可能。
但し、悲しいかな、細かい画面(例えばこの本文記入画面や、更にサイト作成のタグ打ち)は見えないので、眼鏡を外す。パソコン画面を二本指で拡大する選択肢もあるが、余計なところに指が触れて、打った文字が消えること屡々。


次に譜面台用。
「動体視力を要する」かのような譜読みが出来なくなったこと、フィンガリングを書き込む度に眼鏡を外さねばならなくなっていたこと・・・
大成功です!!
譜面の上段・下段で微妙に度数を変えて頂いた。それも少し(近視的意味で)弱めに設定して頂いたので、見えにくい時には譜面台を前に引っ張れば良い。何と言っても乱視の矯正が出来たので、ピントの合う距離がある、というのは何と有難いこと!
そして、譜読みの折に片っ端から書き込む習慣のフィンガリング。その都度眼鏡を外さずとも書き込めます!!
ただ、生憎「動体視力を要するような」譜読みが出来なくなったのは、視力の所為のみならず・・・(老化に因るところ大)
けれども可成り楽になりました。レンズを替える前は、譜読みが5分と持たずに極度の疲労感に襲われていたのが、気付けば20分経っているレベルになったのだから。…ナサケナイガゲンジツ…


次は、遠近両用。
手に持つお茶碗のご飯粒が見えるようにして頂いた。
ふふふ・・・一粒ずつ見えるご飯は美味しい
しかも、かけたままテレビも見えます
けれども、床を掃除するには・・・
弱めの近視用眼鏡が必要かもしれない。


さて、注文はここ迄だったのですが、眼鏡屋店主のサービスが!!!
我が家で眠っているフレーム(量販店のものではありません)を使って、文庫本や辞書を目から15cmほどの距離で読めるように、レンズをサービスで作ってくださった
文庫本大の聖書のルビまで読めます!!!(文庫本大というのは表紙のサイズであり、フォントは文庫本より遙かに遙かに小さい)
しかも!最近作っているサイトのhtml書類を打つのに、ついパソコンから15cmまで目を近付けてしまうので、最適であります・・・
今まで、左目は眼鏡を外せばいくらでも近くが見えるのに対し、右目は近視が弱く乱視が酷い為、結局裸眼では左目だけで見ていたのですから疲れる筈です。
全て万々歳であります。
何ごともプロにお任せすることは大切なこと!!


・・・誰もが通る道・・・


でも、お若い方々には、・・・勉学に勤しむも楽譜を読むも今ですよ!!とお伝えしておきます。名実ともに老婆心から
私自身が甚だ後悔・・・(←同じ色がなくて完全なるあぶり出しに出来ない)



関連記事

● COMMENT ●

Re: 眼鏡

Midoちゃん・・・
「高校の時に作ったものしか」…って、一体何年が??v-356あわわわ…
0.7見えれば更新出来るそうですが、私など車に「1.5見える」e-116を常備しています。
交差点のミラーや、ずっと先の標識って0.7では見えないから。

眼鏡

昨日免許の書き換えに行ってきました。
眼鏡なしでは全く見えません。
かけてもちょっとアブなかった・・・
(高校の時に作ったものしか持ってないから)
そろそろ買うべきかなぁ・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/716-e4e1d596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オーストリアの民族衣装(追加) «  | BLOG TOP |  » インラインフレーム!?

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する