FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-10

イースター・召天者記念礼拝 - 2012.04.08 Sun

(4月20記載 … 随分日が経ってしまったが、記録のみ)

今回は、前日から宿泊だけ出来ればよいのだから、しかも同時に行動をする必要があり、夫、娘と3人一部屋。息子たち3人も別に一部屋。
前の晩に、すぐ近所のコンビニで朝食の類を買い込み、車中で摂る予定。
結局皆早く目覚めてホテルの部屋で食べてしまった。

梅田の駅近くで予約してあったレンタカーに我々3人は乗り、息子の車も来て、能勢を目指して出発した。

どこか一軒くらいは開いている花屋をいつも見つけるのに、余りに早すぎて開いていない。
早く出たのは、今回奏楽を頼まれていたので…遅刻しては礼拝が始まらないから…
本家には9時過ぎには着いたろうか。
母だったなら前日のうちに確実に花を求め、ホテルの洗面台かバスタブで保存したと思う

墓にも寄らず、目と鼻の先の教会へ直行。


最近何ごとも「情報」「情報」で、どこ迄書いてよいやら…
教会のことは、前の日記に2007年の納骨旅行の話をリンクしまして、どこかに触れてあると思うのですが、その後も世の中は益々何かにつけて「情報」なので困ってしまいます。親族一同は気にしませんが(と思います)迷惑がかかることが出てしまっては…と恐れる昨今…

この4月から牧師が替わられて、西脇市から来られた…息子の嫁の実家がその隣り町で、これも又ご縁かご計画か?
教会には「母子室」があり、どんなに騒いでも暴れても大丈夫、とのことで、安心して息子一家の出席が叶った。
(なるほど…奏楽をしていると、真っ正面2階のガラス越しに孫が見える)

説教内容は「復活の喜び」とのタイトルで、復活による恵2つ、1つは「イエスが神の子である証明」(ロマ書第1章4節~)、1つは「聖霊の力で罪に打ち勝つ」(第1コリント第15章20節~)ということを中心に、受難と復活のお話を伺いました。

そうそう、讃美歌は譜面を本家で拡大コピーして順番に貼り付けてあってくださり、とても助かりました。
ただでも粗忽者なのが、前日にあのように歩き回ったのですから、違うページを開く可能性大。しかも目下の老眼にピントの合う眼鏡は持っていない(正しくは、譜面台の距離に、です)。

そうそう、前奏に弾いたのは(いつも同じ…)、Francis Thoméの「Andante religioso」のイントロ部分で、この曲との出逢いもブログに書きたいもの、と何年も思い続けており、近日中に触れましょう。

閑話休題。
礼拝後は、教会員お手づくしで昼食会。

8229846_1596934510_188large.jpg

8229846_1596934538_121large.jpg

孫まで
8229846_1608133014_230large.jpg


ここに十字架の形で向こう側を見ることが出来るデザインに感激。
十字架に護られて、叔母(正しくは父の義従妹)に玩具を出して頂くが如く。

8229846_1608133013_205large.jpg

この後、教会の納骨堂で召天者祈念式、その後本家の墓(祖父母及び父母)でも式をしてくださり、お花を準備出来なかったことは心残りだが、父母も喜んでいたことだろう。

集合写真を会堂の前で撮る。
その前の「あーでもない、こーでもない」の様子のみアップ。

8229846_1596934475_156large.jpg

8229846_1596934477_218large.jpg


終えて見送られ、息子一家の車は右へ、我々は左へ、さようなら。

京都から新幹線。
ちょっと時間があったので、お茶。

8229846_1597116674_237large.jpg


ありゃ、間違った。
食べる前の写真はどこだ???
(後ほど発掘してアップしますので~)


決して鉄道マニアではなく、時間を持て余し、新幹線の型が随分変わったものだ、とおのぼりさんにてカシャ、カシャ、カシャ…。

8229846_1608133001_72large.jpg

8229846_1608133005_157large.jpg

8229846_1608133010_69large.jpg


無事に家路に着きました。


4月23日 発掘写真追加
食する前のシフォンケーキ
シフォン@京都
(桜の香りと色合い)





関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/690-14cdbf83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

腰痛 «  | BLOG TOP |  » 京都へ(3)

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する