FC2ブログ
A D M I N

2020-03

最後まで充実且つ楽しく - 2008.03.30 Sun




28日は,数日前にお誘いを受けたウィーンフィルの公開プローベへ。
留学時代一番最初に下宿した家のおばさまは亡くなられてしまったのですが,その息子さん夫妻とは2002年頃より夫人とのメールを通じ,昔の様な,いや,昔以上にお付き合いが続いております。
筆無精の私でも,便箋をクシャクシャポイ!する必要もなく,切手を探す必要もなく,靴を履き替えて投函しに行く必要もないメール!万歳!!
パソコンを使う機会を作ってくれた友人たちには感謝!(この事をずっと書こうと思っているのですが,今日も又省略。助けて頂いたあれこれは簡単に書くことが出来ず‥‥)

さて,その夫人に戻りますが・・・
教育を受けられない国の子供達の支援活動をしておられ,その関係で数年前からウィーンのあちこちに大きなポスターが貼られていました。今年の1月まで見かけましたが,写真に収めぬうちに剥がされてしまい,残念,と伝えたところ添付で送られてきました。写真そのものは数年前のメール添付を持っているのですが,街角にどの様に貼られているのか,撮り損なってしまい…

ポスター

(写真の前に立っておられるのがご主人で,メールに添えられた文は「endlich einmal kleiner als ich」だそうで!)

ご主人は,元製薬会社の社長ですが,音楽に関しては私より詳しいかも分かりません。ピアノはスタインウェイ3台お持ち・・・(一台はスペインの別荘に)



さて,28日には夫人からお誘いを受けたそのウィーンフィルのコンサートが,何と!懐かしい「Swingle Singers」との共演という珍しいもの。ベリオの作品で,元々はニューヨークフィルとバーンスタインの為に作曲されたものの様です。
夫と娘も是非!と思い立ち,別口より侵入成功!娘の感激ぶりは,早速その場でCD購入と相成りました。我々の十代に演奏された数々では??(バッハやショパンをアカペラで歌う)

夜は前から予定していた「メリー・ウィドウ」を親子3人で観て参りましたが・・・以下省略。どうしてもPeter Minichの役柄としてしまう私が悪いのでありまして,時代は流れているのでありまして,決して今のVolksoperが落ちた!なんて言いません。
でも,どうしても比較してしまうのですよ。ここはこうだった・・・等々・・・



昨日のことは既に書きましたが,写真を追加。


日々行き来していた階段。

Schmidt家6


Schmidt家3




ご夫妻と共に。(何故か二人,申し合わせた様な同じ色合い
Schmidt家



本日は朝から荷造り。
90kgにも納まらない荷物!昨日夫の同僚より「捨てても構わないスーツケース」を二つ頂き,冬物や差し当たり読まない本などをギュンギュンに詰め,夫が西駅を2度往復してくれました。2度目は娘も同行し,将来的なことを考えて覚えさせ・・・
・・という訳で,チェックイン時に預ける荷物は30kg×3個にしっかり収納。万歳!!




ここ数日の更なる詳細は帰国後に書きます。



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/69-3d4e12bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

3月31日~4月1日:帰路 «  | BLOG TOP |  » カウントダウンの無計画

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する