辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ

2020-06

我を通して動き回ってみる(途中加筆あり) - 2012.02.16 Thu

ブログは日付を自由に過去に戻って書けるのに、年明けからは書いた日の日付で送信し、ややこしくなってしまった。しかも追記機能を使ったがため修正も億劫。(追記機能を使うのはやめよう…)

2月13日の日記

予約は;
血液検査
整形外科 9:00
膠原病内科 :9:30

いつも待ち時間を座って居眠りして逆に疲れ切ってしまう。

待ち時間を自分の意思で使おうではないの!!

まず再来機に診察券を通し、一応血液検査へ行って診察券を通すと、いつもながら100人以上待つ。
それなら待っている間に整形外科を済ませてしまおう!
検査室の係にその旨告げると、「いえ、ここでお待ちください」とな。
ちょっと待ってみたが、明らかに整形外科は済ませられる人数。

それで2階の整形外科に行ってみたら、又ここでも「いえ、検査を先に」と言われる。

再度地下に降りれば、まだまだ座るところもなく、患者さんが廊下で林立している訳で、「血液検査は膠原病の検査なので」と我を通し、整形外科へ行くことにした。

2番目に呼ばれて、診察も私の訴えに耳を傾けてくださり、3月にMRI検査を受けることになった。
腰回り、特に背中が痛い。
「一度撮っておけば、今後比較として参考にもなりますからね」と親切な先生。

そして地下に又降りて採血・採尿。
結果が出るまでたっぷり時間はある。再度2階の同じ受付で膠原病内科に診察券を出し、朝食を済ませてくることを告げる。

2時間くらいかかることは間違いないので。
6階のカフェへ。
今月はコーヒーのおかわりが100円だそうな。又、ソフトクリームが半額。
これで朝食は充分。
景色を眺めてぼーーっと過ごす。

8229846_1528213433_11large.jpg


以前工事中だったものが仕上がっている。ゴミ焼却施設だろうか?
8229846_1528213463_189large.jpg

2階に降りれば、丁度名前を呼ばれた。
「何度もお呼び下さったのでしょうか」と申し訳なく尋ねれば、「いいえ、今が初めて」と。(ナントイウタイミングノヨサ)

コレステロール系以外は何も異常なし。
腰回りの不調を告げて、こちらでは大腸ファイバーの予約を入れてくださった。

これで会計にファイルを出して、車を薬局に移動してしまう(薬局の駐車場は無料なので
後で処方箋を持ってくること、車を置かせて貰って昼食を済ませてくることを告げる。

再度病院に戻り、会計の支払い。
処方箋を薬局に持って行き提出し、又病院に戻る。
もう1年近く前から一度出向きたかった、院内の「松○楼」で和定食(これがカロリー一番低い。1000kcalは選択肢には元々ないので)。
煮魚は鮭の西京漬けに、かやくご飯はとろろご飯に。

8229846_1528213420_102large.jpg

地下に降りてATMでの用も足し。
(空っぽに近い通帳。ネットバンキングでは入金そのものは出来ないので)

薬局に戻って薬を受け取り、車で帰宅。途中スーパーにも寄り。



・・・・・・そうだわ・・・この様に過ごせば退屈もしないし、病人気分にもならずに済むではないか!!
その前に、運動にもなる訳で。
と今日はそう思った。
大抵着いたとたんに座り込んで眠り、どっと疲れが噴き出す現状。
座らないのが功を奏したかもしれない。



(追記機能をやめてこちらに移動)

2月14日
やはり疲れが出たか・・
あれだけ歩き回れば出ない訳がない。

腰回りの痛みで、3週間前に癌の検診を受けた。気になっている卵巣と、あとは子宮体癌。
検査が1週間前に出ている筈が、毎日駅近辺まで出向く気力すらなく過ぎていた。卵巣は、既に受診の折に「腫れていない」と言われていたので、子宮は自分の中では心配がなくて。
でも、車のシートに座れるようになった夫が、車に乗せていってくれる、と徒歩15分の道のりを送ってもらった。
二項目を調べて、5段階のうち片方が1、片方が2、異常なし。


毎日頭痛で起きるのが苦痛。
ロキソニンを飲めばよいのに…と思えど、出来るだけ薬には頼らず・・


2月15日
又頭痛がしていたけれど、薬は飲まずに何をするでなく過ぎた。
が、昼頃に頭皮が痛痒い気がして、洗髪。
痛痒さは右に寄っている気もするが、気に留める間もなく仕事(生徒)。



2月16日
去年の秋から体調不良と崩れる寸前の山積み仕事でキャンセルしっぱなしになった皮膚科。
今日こそ行く。
頭の右、線に沿って走る痛み(髪の毛を引っ張られたような)も昨日からあり。
まさか帯状疱疹の始まりではなかろう、という心配も密かながらあるので、これを機会に又予約を続けて頂く。



追記

予約外だったので、予約患者さん全てが終わるまで約3時間待たされ、その間、iPodを耳に心地良くうたた寝・・・
呼ばれた頃には、どこが痛かったのか判明が着かないほど楽になっていた。
痛みは疲れから来ていたのか??

モジャモジャの髪の毛の間をルーペで丹念に観て下さいましたが、水泡や湿疹は無く、「帯状疱疹は初期段階では診断がつかなくて医者泣かせなんです」とのこと。「でも多分大丈夫でしょう。ロキソニンを飲んで様子を見てください」と言われ、6階カフェに行き、早速遅い昼食時(3時頃)にロキソニンの手持ちを一錠服用。

8229846_1530752666_22large.jpg


余りに分厚い雲の下、遠く晴れて山々が見える!

8229846_1530752671_236large.jpg


一旦途絶えてしまった定期的な予約受診を2ヶ月後に入れて頂け、それだけでも待った甲斐がありました。





関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/658-c140c692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

更なる追記 «  | BLOG TOP |  » 昔のライブ

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する