FC2ブログ
A D M I N

2020-03

貴重なヴィデオを頂いた - 2011.12.20 Tue

あれは11月末だったろうか。
生徒たちの発表会の案内状をお送りしたお一人 - 幼稚園のママさん繋がりでもあるが、私の高校の後輩でもある方から電話を頂き、ご自身の持つ、松浦豊明先生のヴィデオを差し上げたい、とのお申し出。
私の今回の発表会の意図に通じるものがあるので、と仰る。

けれども、残念なことに分刻みで動いている日々。
拝見するならじっくり腰を据えるべきで、高慢な態度であることは重々承知ながら、現実は…目下必死で考えていることへのヒントになればよいが、そうでないこともあるわけで…※
いやいや、それ以前に結局は拝見する時間が無いのだ。

※誤解のないよう追記。
去年執筆した本の内容は膨大な量の内容で、その中からピックアップし、何とか1時間以内に凝縮する方向に工面するという、不可能なことに頭を費やしている日々。もし拝見してしまったなら、おそらく又頭が膨れ上がって収拾が付かなくなり、第1部をカットするか、或いはひと晩を第1部の内容だけで費やすことになってしまいそうだったからだ。


発表会も終わり、18日に再度お電話を頂いた。
そろそろお送りしても宜しいでしょうか?と。
何とも厚かましいわたくし(今に始まったことではない)。結局、全巻を下さるという有難いお言葉に甘えることにしてしまった。いや、可成り躊躇ったのだけれども、彼女曰く、「私が死ぬ時には、これは奥さんに差し上げるように主人に言い遺すほどですから、どうぞご遠慮なさらず」と。そうまで仰って頂いてはお断りできない。
早速、19日に届いた!何と!!VHS10本組。
バイエルに始まり、件(くだん)のチェルニー30番練習曲集、ソナチネやソナタ、ブルクミュラーなど、世間では易しい部類に扱われている曲集の数々。
1980年代に出版されたそうだが、全然存じ上げぬまま、ひたすら子育てと生徒、また自分の活動に追われていた。

テレビに繋がっている唯一のVHS再生機が壊れているため、やっと他の部屋に眠っている機器に繋げ、30番練習曲集のほんの最初だけ拝見した。
傲慢ながら、引き継いで私のライフワークとして実行に移せ、と改めて突き付けられた思いがした。

昨年の執筆中(「ピアノと向きあう」)からずっと今に至るまで、これは画像と音で示さねば意味がない、と私自身の中でDVD2-3本に収めて…、という考えだけは持ち続けているのだが、現実には難しい。如何に実行に移すか、これからいよいよ考えねば。
それこそ御心に叶うなら…ということだが…


いずれにせよ、私自身の今後について一番に願うことは、老若男女もプロ・アマも問わずに「弾きたい曲と共に人生を歩む」ということのお手伝いが出来ること。
そのためには?と常に考える。
結局「基礎はやってやり過ぎることはない」「基礎の曲を楽しんで弾くことから始める」。

勿論、ピアノを専門として進み、音大の常勤勤務、となれば学校運営に関する諸事に莫大な時間を取られることは重々承知。又、何でも弾きこなさねばならない一流のピアニスト、となれば話は変わってくるので、口を挟むことは憚られる。

こんなに愉快な楽器を、途中で挫折してやめてしまう勿体なさを痛感する。
その挫折の時期、というのが、大体決まっているのだ。
基礎を疎かにした場合や、もしくは余りに先を急ぎすぎ、まともなテンポで弾けぬまま練習曲の番号だけ進めてしまった場合に特に多く見受けられる。
子供というのは、いつ音楽に目覚めるか分からないので、周囲の大人は「本物を与える」労を惜しんではならない、といつも痛感する。

(このFC2ブログの「追記の編集」という欄を初めて使って書いてみた
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/634-dda23c3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

馬鹿な話 «  | BLOG TOP |  » 夫のその後のその後

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する