辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

ぷんぷん!!! - 2011.10.31 Mon

本来は、昨日のとても盛り上がった「秋鹿いとこ会」のお礼、皆さまへの感謝の気持ちや、幹事として至らなさのお詫びなどを先に書きたいところなのですが、それは大切な日記としてゆっくり書かせて頂きます。



今日のタイトルは・・・

どうせ私のことですから想像に余りある…と思います。


昼前に、今日送ることになっていたグループメールを書いていたら…
近所の整形外科に行っている夫からメールが来た(13時ジャスト)。
「ブロック効き過ぎて他人の脚 ベッドの上 」と(絵文字も夫のまま)

「それって救急車並の医療ミスじゃないの?先生は何て?」
と返信を打ったが、そのまま返信もなし。
ともあれちょっと待ってみよう、とグループメールを終え、様子を尋ねたら、
「麻酔が効き過ぎだって」と返事が来た。

「医療ミスじゃん入れすぎたんでしょ!ともあれ行きます 」と返信(絵文字も私のまま)


出向きましたとも!!
そうしたら、まだ昼休みだというのに、午後の診察のための行列が!!
(そうなんです。このクリニックの先生はテレビで取り上げられたので、以来他県からも患者がワンサ)
列の最後尾から横を通り過ぎて前に出て行ったので、患者たちが嫌そうな顔をして私を見ている。
よほど「家族がブロック注射で神経が麻痺して寝かされているので面会、ごめんなさい」と言ってかき分けて通り過ぎようか、と思ったほど。看護婦さんが折良く(?)ドアを開けて(受付開始時刻だったのか?)、私だけを入れてくださった。(話し声が聞こえないように……か?)

にこやかに先生が出迎えて下さり、「足はどうですか?」と・・・
「私の足ではありません、主人が寝かせられているそうで」と中に通して頂いた。

何度も受けた説明を又聞かされたけれど、「量が多すぎたんですよね?医療ミスじゃないんですか?」と、私は怖いんですよ~~、実は・・・
麻酔科の女医さんが奥で「すみません」と仰っていたけれど、院長は「こういうもんです」みたいな…「これで効かなければ手術で」といったことを仰る。
それは分かっているが、私は今日の麻痺のことをドシロウトとして訊いている訳で。

まだ立ち上がることも出来ないようだったので、「帰りますので」と言って帰ってきた。ちゃんと、「今日のブログのネタが出来ました」と述べた上で。でも先生は笑顔だったし、それで書いている次第

薬局で夫の薬を代理で貰ったが、量が違って記載されていることに薬剤師さんが気付いて、電話してくださった。
う~~~ん……マスコミで取り上げられたピアニストが、それが故に練習時間が減って演奏が乱れても、命に関わる訳ではないが…


夕方、夫から迎えの依頼メールが来たので、ポンコツ車で出向いた・・・
本来なら、夫のアルファード(後部座席が電動で斜めに地面の高さまで降りるようになっている)で行きたかったが、春に1回高速をただ走っただけなので、諸々の操作は忘れてしまった。何より、小さな「軽」に慣れてしまったので、住宅街を走るには車幅が危うい。

夫は松葉杖をついて、出口で待っていた。

ともあれ帰宅出来ただけ良いか?
総合病院に入院して治療を受けた方が良いのではないか?
長時間正座をして感覚を失い、立ったつもりが転んだ、といった感じか?いや、この時刻になってもそれ以上に麻痺しているようだ。

毎日麻酔で痛みを誤魔化しているだけの現実。
そういうもの、と言われればそれまでか??

後で我が家の医者が帰宅したら訊いてみよう・・



(何でもメールに書く私……早速生徒さんの一人が夕飯4人分を届けてくださった…遠方なのに。音楽会に行く途中、とか…。いつも助けられる我が家。私が何でも書いてしまうから…



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/611-39534863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やっと神経戻り… «  | BLOG TOP |  » 外付けのHDDが壊れた!

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する