FC2ブログ
A D M I N

2020-03

魔の月曜日 - 2011.10.17 Mon

(と、又してもこんな記録)

半年も前から予約が入っていた大学病院の整形外科。
年に1回の骨密度検査の日。腰椎、骨盤、大腿骨頭の特殊なレントゲン。
その前に血液・尿検査があり、検査が全部終わったら整形外科の受診。


のプログラムなのだが・・・
病院に着いて先ず診察券を機械に通して自分の順番の確認票が出てくるのだが、件(くだん)の半年も前から予約してある9時の整形外科が消えている!
取り敢えず検査室へ・・


今日も又、検査室は90人待ちらしき番号に愕然
それなら骨のレントゲンを先に、と受付に行けば年輩の男性の対応が、「いえ、検査室でお待ちになってください」と。
今日は私も引き下がらない。「90人も、椅子無しの廊下で待つことは出来ません」と。
ついでに、「受診予約が消えてしまっているので、2階の受付で確認してきます」と言ってみたところ、何か言われた気がするが、強引に我を通した。待っている間に行けてしまうもの。(徒歩+エレベータ+徒歩)×2は今の私には可成りの距離ではあっても、要領よく過ごしたいのだ!

とは言え、甚だしんどいのですよ~…



整形外科の受付に行ったところ、こちらは手慣れたもの。
「あら、確かに予約入っていましたけど消えてしまっていますね」と、お馴染みの大変手際の良い女性がすぐにパパッと手配してくださった。


骨のレントゲンを受け、結果が出て伝票を渡されるのを待ち、血液検査に行き、やっと診察室の前の椅子へ。

広い院内を歩き回ってヘトヘト。即刻居眠り。
あぁ、病院ってどうしてこんなに疲れるのだろう?健康でなければ来られませんって・・


やっと自分の名前が呼ばれて、骨の結果。
横這いと、箇所によっては下り坂。
でも、この半年の骨折に始まり現在のぎっくり腰に至る諸事(近所の整形外科にお世話になったことも)を話したところ、その割には何とか保てているので、薬の効果があるのだろう、と。
「薬は、そちらの整形外科で貰っても良いですよ」と言われたが(半分は嫌味?と思ってしまったが)、「いえ、こちらでないと公費が使えないので、こちらでお願いします」と答えた。


会計、薬局・・もう昼近かった。


帰りに、これ又体育館のように広いスーパーに寄って買い物し、帰宅して昨日以来の食事にありつき、バタン!ぐーー・・
惰眠をむさぼるも、無限に眠れる。
あぁ、今日も疲れたなぁ…(って、これから自分の「今日」を始めねばならないのに、もう終わった気がする…)



PS
数日後になり、当日渡された骨のレントゲンの画像や数字のコピーをやっと見てみた。
腰椎はこの5年間、横這いと上昇で万歳!だったのに、Σ( ̄□ ̄;)!!今回は6年前まで落ちているではないか!!
薬もきちんと服用しているのに・・・やはり1-2年にわたるデスクワークだけの日々が影響した??




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/601-45ea2a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランチェスターの法則 «  | BLOG TOP |  » 綱渡りを諦めた

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する