FC2ブログ
A D M I N

2020-03

春分の日の雪 - 2008.03.20 Thu

ずっと春の陽気が続いていたけれど,春分の日である今日になり,やっと本来の気候に戻った様だった。
午後から雪が舞い出した。
080320


080320/2



出掛けるのも億劫になったが,いよいよウィーン滞在もカウントダウン!「疲れた」と寝てばかりいては勿体ない。
ウィーンに来た理由のひとつは休息なので構わない,と思いつつも,出掛けて帰宅してはバタン!グー…そして翌日まで疲れを引きずり(ひとつには,どこへ行くにも階段と坂道を避けられない所為だ,と言い訳)とても3ヶ月居た,とは言えない状態で今日に至っている。
ピアノも結局12月初めから全くと言って良いほど弾いていない。1月末に数日伴奏の譜読みをして,音の極力少ない3曲を選んで弾いただけだ。ピアノの前に座ることすらしていない。
(日記も数日遅れで書いている。ブログは書きたい日付に設定出来て本当に有難い

今日はアルベルティーナ美術館に出向いた。
080320/4


080320/3


着いただけで疲れてしまい,館内を見るも,日頃自ら見ようとしない近現代の特集は(だからこそ,こういう機会にじっくり観るべき,と頭では分かっているのだが),足が前に進まない。途中椅子に何度も座りながら,一通り「モネからピカソまで」と銘打った展示を観た。
フランスの印象派のMonet, Renoir, Degas, 更にPablo Picassoの数々,Joan Miró,Paul Klee,Marc Chagall,等々・・・猫に小判,豚に真珠の様な見方をして来た。
その後特別展であるMax Ernstのコラージュの展示も一通り観た。
好きな人が観たならば,如何に面白かろう・・・と申し訳なく思った。尤も美術館へ行く,というのは非常なエネルギーを要することだと実感。

トイレに行って,両端が鏡になっている廊下の写真など撮っている愚か者!
080320/6



(トイレはいくつ映っているでしょう…なんて数えている愚か者)

080320/7


その後,自然史美術館に出向いていた娘と落ち合い,遅い昼食を"Wiener Wald"にて。彼女は大変興味深く楽しんで来た様子。良かった,良かった。
Grabenで少々買い物。娘の髪の毛が殺風景なので飾りなど買ってやり,地下鉄,S-Bahn,バスを乗り継いで帰宅。

山に近いここ近辺は可成りの雪化粧。漸く時期相応の景色を見た思い。

080320/8


080320/9


080320/10


080320/12


080320/13


関連記事

● COMMENT ●

No title

タヌキさん

ウィーンはかつての神聖ローマ帝国,ハプスブルク王朝の中心地であった関係で集中しているのではないか?と思います。
各地(今では別な国の都市も-例えばイタリアのいくつかの都市がハプスブルクの一部であった時代もある訳で)の貴族達の所有物もウィーンが所有することになったのかも分かりません。
いずれにせよ,過去の多大な財産をオープンにすることで,現在のオーストリアの財政は保たれているのだと思います。
我々はその恩恵を受けて日々v-291

No title

美術館って意外とエネルギー使うんですよね。とりわけ大きな美術館だと(パリのルーブル、ローマのバチカン博物館とか)入場するまでに一時間以上も並ぶし、それだけでも大変。それに膨大な量の作品。一度でみようとするのが間違いなのかもしれませんが、結構疲れて最後にはどうでも良い、ただ座りたいという気持ちになりましたが。オーストリアでは美術館はウィーンにやはり集中してあるのですか?

No title

Akioさん

前回は行ったのですが今回は(まだ)行っていません。
館内(という言葉は相応しくないですね)の装飾・壁画・彫像が素晴らしかった,と記憶しています。太陽光を集める器具,昔の地球儀なども興味深かったです。

No title

国立図書館に行かれましたか?
私、行ってみたいと思っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/60-4b9b7860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Karfreitag/Liechtenstein Museumへ «  | BLOG TOP |  » カルメン@Volksoper

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する