FC2ブログ
A D M I N

2020-03

スパムメールへの立腹! - 2008.03.18 Tue


私はwebメール愛用者なのですが(特に今は,常時使っているプロバイダから送信出来ないので),ここ数日大量の不審メールが届きます。それも不思議な,私のアドレス宛ではないものばかりです。
最初は,どうして???と不思議でした。
(メーラーで受信しています)
ところが今日になりやっと謎が解けました
発信者はどうやら同じアルファベット及び文字列のアドレスを場合の数的に作り出し,一度に送信しているらしい
今まではCcには表示されなかったのですが,今日のは有難いことに大量のアドレスが表示されていて,その一番最後に私のアドレスがあった

全く暇な人が居るものだ。
いや,そういうプロ(??)には赤子の手をひねるが如き作業なのかもしれない。

それでブラウザ画面を開いて通報しようとしたのですが,途中で「時間切れになりました」と途切れて,何度やっても駄目。
受信箱に唯一残っていた差出人は通報出来たのですが,その後が駄目で,これって通報したことで私のアドレスも通報対象になったのか???と思うほど何度やっても繋がらない……全く,もう……
一旦キャッシュを空にして再度挑戦。
メーラーに届いて削除してしまったものは通報出来ませんから,ブラウザとメーラーの両方で受信出来る様に設定しました。
こんなことで時間を使いたくないのに。


ついでながら,別なウェブアドレス,こちらと来ては開ける度にスパムが3~4桁届いている有様。
このアドレスについては以前,変更が出来ないものか問い合わせをしたことがあります。
届いた回答は,「変更は不可能,但しアドレスはいくつでも取得出来るので,その方法で」といった内容でした。
・・・そういうことではなくて!そのアドレス内には可成り大切な内容のメールも保管してある訳でして・・・
それで今日,そのIDも開いてみたところ(千通を越えるスパム襲来!!),今まで無かった「アドレス変更手続き」の欄があるではないですか!!IDそのものは変更出来ないけれど,アドレスは変えられる様になったらしい
早速変更しました。
そのアドレスは,-以前恩師が制作したDVDが売れずにいた時,かつての留学仲間と相談して手段をあれこれ考えたのですが- 各大学のピアノ同好会に宣伝しよう,と閃いた折に使用したものです。
早速私が4~5校の同好会にそのウェブアドレスと共に書き込みをしたのでした。
ところがその日のうちからスパムメール襲来。
パスワードを記入出来た同好会へは,すぐに自分で書き込みを削除出来たのですが,唯一某私立校はパスワード記入欄が無く,その後管理人に何度削除を頼んでも駄目・・という有難くない経験をしました。
結局,同好会経由ではDVDは一枚も売れず,私には大量のスパムが届くだけ,という結果になっただけでした。


やれやれ・・・ただ今やっとアドレスを変更出来,これで暫くはスパムより解放されることでしょう。
そう願います。
(「ただより高いものはない」経験談でした)



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/57-3c632a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久々に寒い日 «  | BLOG TOP |  » 幸せなひととき

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する