FC2ブログ
A D M I N

2020-03

息子の見舞いは行けず終い - 2011.08.24 Wed

珍しく息子が入院した。

先週の土曜、その数日前からあった腹痛が酷くなり救急車を呼んだ、と言う。
心配あれこれ、おろおろ…
入って来ない情報に一時は出向くことも考えたが。
何しろ遠い。いや、一応は都内なのだが、今の私にとって、という薄情な親。

週が明けて詳しい検査もなされ、結局は小さな胆石が数個、胆管に詰まって悪さをしていたらしい、とのこと。
血液検査で、ビリルビンの値が上昇しつつも、週明けには石の姿は消えて、おそらく流れたのだろう、と。
その他の値は正常で、そうこうするうちにビリルビンも正常になった、と。

一旦苦しさが去るや、暇を持て余しているらしい。
体調が良ければ来て、とのメールも打つほど回復したらしい。
このまま行けば金曜に退院、とのこと。


病院の見学かたがた、見舞いに(寧ろ、暇人の相手をしに)行こう、とも思ったのだが、場所を訊けば、乗り換え乗り換え乗り換え……
現在の足&脚力にはとても無理。
車は?と思い、(もう長らく空に近いガソリンを入れねばならぬし)試しにガソリンスタンドまで走ってみた。


・・・ 病院まで行かないで良かった。
ちょっとした曲がり角すら、右折・左折でハンドルを切る度に痛む左手(本当にパワステ!?)。
左手を庇うと、右手まで痛む。(直進は、教習所では厳禁の「6時25分の角度」状態)
手に集中していては、見知らぬ道で事故を起こしかねない。

という訳で諦めた。

持て余した暇な時間だもの、ゆっくり休み、日頃じっくり考えられないあれこれを頭の中で整理する機会になったことを願いつつ。


息子も大事に至らず万々歳であったが、私も見舞いに出向いていたなら、車を病院に置いて帰宅する結果になったに違いない。まぁ、行き先が病院だから救急で「手を何とかしてください!」という手段も無い訳ではないが・・・


因みに、私のボロ車(ごめん!!愛車よ )は、夫も「可成り古いパワステで硬い」と言う位。
充分に元は取れたか?という位乗った、とも言える。買った当初はペーパードライバーで、こんなに運転するようになるとは思うことなく、「一応持っていよう」程度の安易な選び方だった。カーナビの値段とどちらが??というほどの・・あわわわ・・・

そろそろワンランクアップした中古(!)に買い換える時が来たかもしれない。




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/567-0dade0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前腕の骨密度 «  | BLOG TOP |  » Le Couppey から脱線して仮名表記の難しさ

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する