辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

装具が来た! - 2011.08.18 Thu

(ネット購入の話ではありません。念のため)


(余り有難くないが)すっかりお馴染みになってしまった整形外科へ、今日は装具が届くとのことで出向いた。
右手用は、2008年に瓶の蓋を開ける時に傷めた後遺症から大学病院で購入したが、生憎左右で形が違うとのこと。新たに左手用を頼んであった。

最近は寝る時だけ、左手は包帯で固定をし、右手は前述の手持ちを着けることにしていた。
熟睡は爆睡。手が下敷きになっていても気付かないから。装具があれば、痛みがあると目覚めて姿勢を変える。


linehanaw01g.gif


という訳で・・

8229846_1272373038_175large.jpg


おぉ!ぴったりだわ!!


・・・

・・・

・・・


しかし!
よく見てみた。

これって、以前の右手用と同じでは??

8229846_1272372981_9large.jpg

8229846_1272372983_143large.jpg



謎が解けた。
2008年に大学病院で購入したものが左手用だったのだ!
そんなこととは知らないから・・・

8229846_1272373037_112large.jpg
(左手で右手を携帯カメラで撮る難儀!)


右手の甲を触ると、打撲のような痛みの走る場所がある。
よく観てみると赤く少し腫れ、おそらく(もうじき)青あざになりそうな・・・
夜中に痛んで装具を外したりしていた。

8229846_1274647066_102large.jpg

それもその筈!!!
丁度出っ張った部分が当たっているのだもの!

8229846_1272373001_79large:2


本来は、この左手のように滑らかな曲線になるべきところだ。

8229846_1272372997_132large:2


こんなことを今ごろ知ったところで何になろう??
と思うが、どなたかここをご覧になって頭の隅に置いてくださる患者さんがあるなら…と書いたまで…


ともあれ、今晩からはこの左手用の装具を左手に嵌めて、右手の装具は止めた。


____________________________________________

《驚いた発覚》

夜9時20分過ぎに追記。


説明書をおもむろに拡げて唖然!!!


何と、「左右兼用」だそうで・・

8229846_1273237206_188large.jpg


当初、先生が「左右は構造が違うので」と仰っていたものは、どうやら別な種類の装具だったようだ。

それにしても・・
右手、装具が当たって痛いうちは止めておこうと思う。



関連記事

● COMMENT ●

NoTitle

Midoさん
有難うございます。
本当にその通りで…ついうっかり普通に弾いてしまうので…e-351

NoTitle

ピアノの先生が手をケガするとつらいですね(>_<)
治るのに時間かかりそうですが、
無理せず、気長に大事にしてくださいね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/563-0c4f307b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

義父命日 «  | BLOG TOP |  » 時にはピアノの話を

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する