辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

ギプスシーネからは解放されたが - 2011.07.01 Fri

昨日の受診で、固定具から解放された!
レントゲン写真では、まだ折れた部分の鮮明な線は見えるものの、(と、ここで5分間、単語を思い出そうと唸る…結局思い出せず)縁の部分に綿菓子の様なモヤモヤがあり、それは骨の基になるものが出来始めているのだそう。

テープで第4指を副え木代わりに固定して下さり、軽快な足でクリニックを後にした。
クッション効果もある男性用サンダルで、下のスーパーを事も無げに歩き回り、車で帰宅。

家用のサンダル(これは24cmの男子用。やはりマジックテープ)に履き替えて、家の中を歩き回り、生徒のレッスンも済み、夜のうたた寝から覚めるや・・
足の裏が腫れている。どうやら今まで固定具や包帯で誤魔化されていた部分(土踏まずより先の広い部分)が、急に使われ始めたからだろう。
手持ちのモーラスを貼って寝た。

そう言えば、暫くは何かが起こり得る、と言われたっけ。
厳禁は、打ったり引っ掛けたり転んだり、という事で、あとは慣れるまで自分の判断で処置してよい、といったことを言われた気がする。(・・・と思う。最近物忘れが激しい


という訳で、足は一件落着したが…

何と過ごしにくい気候!!
熱中症は外気の温度だけではない。湿度も然り。
部屋の湿度管理は始めたが、一旦外へ出るや・・暑くなくとも眩暈がする。
それと、一昨日だったか…外食した店。「28℃に設定しています」と入り口に書いてあるのに、店は閑古鳥で、絶対に22-23℃しかないと思った。その日は娘の夫は当直、私の夫は演奏会の打ち上げで夕食不要とのことで、娘と二人で出向いたのだが、いやぁ、寒いの何の!!!最後に温かいお善哉を食した。
そして再び外へ出ればもわ~~っとした温度に眼鏡が曇るほどの湿気。

まだまだ序の口。
ウィーンの友人から、家が11月迄空いているので来てはどうか?とメールが来た。それが叶えばどんなに良いか…でも現実はあれこれ抱えすぎ。済ますべきことをさっさとこなして秋に数週間でも行ければなぁ…
2007年だったろうか、ウィーンで夏を過ごした時は体感温度は40℃だった。その時は幸いエアコン付きのホテルだったが、新聞のトップ記事は毎日「異常気象」だった。そういうこともあるから、日本で夏は過ごした方が賢明かもしれない(いくら節電とは言えエアコンは存在する)。


関連記事

● COMMENT ●

Re: ギブスから解放おめでとう!

Midoさん

有難うございます(ありゃりゃ…アヒルマーククリックすると絵文字一覧出るのに選べない)
暑苦しさから解放されました~♪

ウィーンは、多分無理だと思います。予定満載で…うぇん (;_;)

ギブスから解放おめでとう!

暑い日々が続きますので、ギプスがとれてさっぱりしましたね。
よかったよかった。

ウィーンいいなぁ、行ってみたいっv-266


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/543-f04a3e16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

立腹!(元・松本復興相の発言) «  | BLOG TOP |  » ギプスシーネ・訂正

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する