FC2ブログ
A D M I N

2020-03

Sträusschen - 2011.06.09 Thu

昨日レッスンした生徒のお一人が、お庭に咲いているという薔薇の花を3種類切って持ってきてくださった。




8229846_1167021459_177large.jpg


8229846_1167228965_243large.jpg




ふと頭の中で鳴った歌(「愛のわざ」というタイトルだったと思う)。
中学時代、聖歌隊に入って初めて習ったもの。
今は「讃美歌2集」に違う訳の歌詞で入っているらしいのですが、私たちがいつも口ずさんでいたのは下記。

(1)
小さい籠に花を入れ 
さびしい人にあげたなら
色も香りも部屋に満ち
気持ちよい日を過ごすでしょう

愛のわざは小さくても
神の力がこもるから
闇夜のような世の中を
真昼のように照らすでしょう


(2)
「おはよう」とのひと言も
心込めて言ったなら
言われた人は日暮れまで
気持ちよい日を過ごすでしょう

愛のわざは小さくても
神の力がこもるから
闇夜のような世の中を
真昼のように照らすでしょう

(楽譜も無いしうろ覚えですが・・・)



今日は気持ちのよい一日を過ごせることでしょう。
感謝。


余談ながら、一昨日は父方祖母の命日(明治29年~昭和59年)。
今日は亡き父の誕生日(大正12年~昭和61年)。






関連記事

● COMMENT ●

Re: タイトルなし

同様に感じられる方が多いようで安心します。
内容は同じではないか!と思いつつも、どうもスルリと入らないのです。
(それが故に昔の讃美歌を使っている、という教会もあるようで、少し羨ましいですe-330

第二編は、あんまり馴染めませんでしたね、たしかに。
聖書も讃美歌もやっぱり文語体がいいです。
十代に身についたものは、替えられないのはどなたも同じようです、わたしもそうです。
新しいものが覚えられなくなるのは、さみしいようなかなしいような(笑)

Re: 讃美歌の歌詞

Sisiyさん
書き込み有難うございました。
第2編の歌詞はなかなか馴染めず…(と、母校の先生も仰ったので多分大丈夫v-356
昭和30年代、母校の「音楽準備室」というところに並んでいた聖歌集(と言ったかしら?)、第一巻が赤い表紙で、それの最初の方に載っていたものが日記に書いた歌詞なのですが、どうしてもこちらが出ます。

若い頃、幼い頃に入ったものは身体の一部になってしまうようです。
讃美歌21も聖書の新共同訳も(こんなところに堂々と書いてはいけないと思いつつ)、十代に入り込んだ物の方が自然に感じられてしまい…v-355v-355v-355

讃美歌の歌詞

こんにちは。こちらにもお邪魔させていただきます。

この讃美歌の歌詞、今は下記の通りになっています。
わたしが持っているのは1971年初版の讃美歌・讃美歌第二編ですが歌詞がちょっとずつ違いますね。


ちいさなかごに花を入れ
さびしい人にあげたなら
へやにかおり満ちあふれ
くらい胸もはれるでしょう
 あいのわざはちいさくても
 神のみ手がはたらいて
 なやみの多い世の人を
 あかるく清くするでしょう


「おはよう」とのあいさつも
こころこめて交わすなら
その日一日おたがいに
よろこばしく過ごすでしょう
 (リフレイン)
 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/535-f60f8c47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今月のBGM «  | BLOG TOP |  » 片付けが捗らない理由

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する