辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

片付けが捗らない理由 - 2011.06.04 Sat

2003年に建て直しを決めたのは、その前年の母屋全焼が第1。母屋も我が家もひとつに暮らしていたこともあります。更に我々の住居部分及び仕事場の北側と西側が、全部シロアリにやられて柱皆無。壁板がザラザラっと崩れ落ちたこと。
これらはどこかに書いたので省略。

2004年に新築したものの、当時我々家族が使用していたものは勿論、義父の所有物、私の母の所有物、子供達の成長の証しである持ち物、仕事の合間を縫って分別することもなく「取り敢えず」ソレッとばかりに運んだのが、片付かない原因のひとつでしょう。

今ごろになって分別しても…。
特に2006年暮れに母が逝去した後、想い出の品は我が家の物置や私の部屋に。
去年逝去した義父の品々は物置及び、信濃大町のアトリエへ。
何がなんだか、もう混沌として・・


身体に影響が出ないように、と地道にゆっくり整理をしているので長丁場。
そこへ更に母の遺品が出てくると、これはどうしよう…と立ち止まる。
取り敢えずカメラとパソコンに入れて後で考えることに。
端から見れば、そんなものさっさと捨ててしまえば、という数々です。

また、母の蔵書から、私も目を通したいものを開いたが最後・・
座り込んで読んでしまう。
昨日も、家族でお世話になった、阿佐ヶ谷東教会の高崎毅牧師(東京神学大学学長を長きにわたり務められた※)の「追憶集」が出てきたものだからいけない。
(まだ40代と思しき母の文章にもハラハラもしながら…)


他にも理由は沢山ありますが、全て言い訳ですからやめておきましょう。
加えて、私自身の将来に備えて、出来るだけ身軽にしておき、子供達にも迷惑が最小限で済むように、と「思い煩う」ので又いけない。




その母の遺品の数々の中には、私が学生時代に趣味で作り、何かの折にプレゼントしたものなども、大切に保管されており(寧ろ晩年まで使っていてくれたらしい)・・処分の前にカシャ!


全て自己流です。フェルト地に刺繍をし、金具を付けて、「ハンカチ・ちり紙入れ」(当時の用語)

8229846_1159431099_58large.jpg

(裏面には母のイニシャル)
8229846_1159431107_116large.jpg


今で言う、ソーイングキット
8229846_1159431105_136large.jpg


8229846_1159431101_42large.jpg



下は、娘の幼稚園で着用したスモック。この幼稚園では全部母親の手作りがモットー…
分厚いギンガム地に時間をかけて刺繍をしたので、捨てるのも勿体ない。何とか買い物袋に直せぬものか、と暫し座り込んでしまう。

8229846_1159431097_125large.jpg


と、中断ばかり。
ひとまず仕分けして引き出しに入れたり、箱に入れたり、或いはゴミ袋に入れたり。


どの部屋も廊下も散乱状態なので、まるで障害物競走的動作。
脚が上がらなくなると、両手で膝の裏を持って持ち上げる。
・・・怪我も頷ける・・おそらく脚・足ともに動きが不器用になっているのでしょう。

気長にやります。


と、又ピアノの話ではなくなった・・・

※の注釈も又後日。







関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/534-8c365df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Sträusschen «  | BLOG TOP |  » 左足第5趾骨折

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する