FC2ブログ
A D M I N

2020-04

酷暑の中、忙しかった1時間半 - 2010.07.23 Fri

雑談ですので・・・



今日は循環器科に於いて、先日から受けていた心臓関係の結果が出る。予約は10:00。

駐車場が混むかもしれない、と、もっと早く出る筈が、急ぎのメールのやり取りなどしていてちょっと遅れた。
と言っても9:25には出たので、充分間に合う筈。


まず自宅の駐車場・・・9時を過ぎると太陽は殆ど真上なのですね。
小さな軽自動車が故、車体も薄いしサウナ状態。いや、湿度もあるから、これは何とも表現できない。
エンジンかける前にスポーツドリンクをゴクリ!!
窓を全開。

いつもの裏道は、家の新築工事で大型トラックが停まって通行止めだったり、ガス工事で通行禁止だったり、そこで手間取った。
仕方がない、別な道を行こう、と大回りして走ったところ・・・

曲がるはずの角を通り過ぎてしまった。最近新築や解体で風景が違うのですね。


あぁ・・馬鹿を・・・仕方ないので井の頭通りへ出て、取り敢えず西に走って赤信号の度にカーナビを操作。
最悪井の頭公園の横をずっと真っ直ぐ行けばよいことは分かっているのですが、渋滞は予測がつくので。


ところがこの古い人間、カーナビ操作が分からない。遠用眼鏡なので余計に見えない。
こんなことしていたら着いてしまうではないか・・というところで、やっと設定出来て、しかも以前もやったように、何故か病院名ではなく病院の中にあるスターバックスで検索しないと出ないのです

数百メートルで病院、というところで「折角設定出来たのに」という吝嗇な頭が働いたのか、ナビに従い右折しなくてよいものを(無意識に)右折してしまった!
そうだ!設定がスターバックスだもの。
結局ナビは使わずに、ナビに使われてしまった結果となった


タクシー乗り場で迂回して、騒いでいるナビは無視して病院駐車場へ。

「空き」のマーク。ラッキー!!!



は束の間。
空いているのは屋上だけ。炎天下、そしてアスファルトの照り返しの屋上(しつこい )


こんなに大回りしたのに、ちゃんと予約時間前に着いたし、すぐに呼ばれた。



受診では「その後如何ですか?」と訊かれたので、血圧計がエラーになったことや、最新のものでは不整脈のアイコンが点滅していたけれど、もう今は出ていないこと、2週間前の受診で言われた「休むことが治療法」とのアドヴァイスを守り、2時間眠っては30分ブラブラを繰り返し、夜もよく眠れ、こんなに休んでいてよいのだろうか?というほどの休息の日々であったことや、今では血圧計も正常範囲、車ならどこでも外出出来ている話などをした。

先生からは、今回の症状により、調べたのは「不整脈」「心臓の器質的障害」「内分泌異常」に関してであること。そして、心電図の記録も幅や上下の揺れはあっても正しい波形であること、エコーの検査では心臓の器質的疾患はないこと、血液検査では内分泌でノルアドレナリンの値だけが高いが、もし病的なものであれば、もっと高い筈で異常はないこと。
結局、過度のストレスが原因で、あのような症状が出たのであろう、ということだった。
(ストレスを続ければ又心房細動は出て、どんどん習慣化して酷くなります、と言われたような気がする…

「眠れていますか?」の質問に、それはもう、一日の半分以上を眠って、無限に眠れることなど話したところ、それは大変良いことらしい。


という訳で、ひとまず安心!
(皆さま、ご心配をおかけ致しました。お詫びを申し上げます。)



渡された会計ファイルを持って窓口に出したが、肝心の診察に関する詳細の書かれた伝票が入っていない、という。
落としてきたか??まさかね・・・
「お待ちください」と言われたが、もし私が落として、誰かが・・悪用はしないだろうけれど、どこかに情報漏洩してしまっては・・・と、降りてきた階段を4階まで徒歩で昇った。心臓バクバク・・・汗は噴き出す。建物内もエコなので。

科の受付に申し出たところ、どうやら渡して貰っていなかったらしい。詳細も言われず、失礼しました、のひと言もなかったけれど、カチンとくるゆとりさえなかったのは、藁のように萎えていたから・・

再度会計ファイルを出して数百円を払って、再度駐車場の屋上へ・・・たった30分駐めてあっただけなのに、又しても熱中症が頷ける酷暑だか極暑だか。
頭の回転止まりました。本当はお茶でも一杯飲んでから帰宅したかったけれど、この場所に車を駐めておくことがイヤなばかりに帰宅しました。



ひとまず安心、良かった、良かった・・・

そして家の駐車場に到着し、停めて気付いた・・・
何と!!サイドブレーキを引いたまま走っていた!?
(そんなことが可能?60km出していた時もあった筈)
それとも着いて無意識に引いてから気付いたのだろうか??

9時25分に家を出て10時55分に帰宅。その間に呆けた??

よく「暑さの所為で」と言うけれど、無事に帰って来れたので考えないことにしました。
何が何だか分からない、とても忙しい(頭にとって)1時間半でした。
通院時間最短記録でもあります。


ともあれ、仕事も少しずつ復帰出来そうです。
感謝です。





関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/451-dde5bb09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Alfons Maria Mucha(アルフォンス・ミュシャ)生誕150年 «  | BLOG TOP |  » 我が家の雪!!

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する