FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-10

春が来てしまった!?その2 - 2008.02.28 Thu

昼は娘と43番の終点で待ち合わせて昼食。
最近この一角では専ら寿司屋だったのだが,今日は快晴,そして暖かい。
ウィーン料理を食べさせてくれる店の,外に並べられたテーブルがオープン!!
今日はここにしよう!
娘は鶏のレバー,私はコルドンブルー。

ところで,昨年渡墺前から,本当に何か悪い病気かもしれない,と思うほど何も食が進まない数ヶ月,ひたすらスペインで何か食べられる様に,を目標に体調を整えていたのが嘘の様!漸くこちらの料理のメニューから楽しんで選べる様になった!!

夜になると点灯するであろう電気が庭に張り巡らしてあった。
穏やかにのんびりと時間が過ぎる。

春


春2



買い物をして帰宅。



春が1-2ヶ月早くやって来た様な,ここ,ウィーンの森に近い家。

友人であり家主である夫人が,「庭へ行ってみた?」と。
花々が咲き出しているから,と言われ,早速二人で繰り出した。「繰り出した」は大袈裟だが,片側の道路から坂の上の道路まで約500メートルはあろうか。それとも1キロくらいになるのだろうか。ちょっとした散歩。

これが何の花,これは何,・・とドイツ語で説明されて,その時は一生懸命に覚えたつもりが,日本語すら怪しいこの頃。3回反復しても次の花の名を覚えるともう忘れている・・・メモ帳を常に持参する必要性を大いに感じた(日本語のメモも!)後ほど名前を書き出してくれるとのこと。(後日書き加えます)


春5

左の白いのは「Schneeglöckchen(ユキノハナ)」,右の少し大きなのは「Schneerose(クリスマスローズ)」



春17

紫の花は「Leberblümchen(スハマソウ)」



春16



春14

Veilchen(スミレ)



春12



春11



春9

Salbei(セージ)



春8


春7


春6


春5


春4

Schneeglöckchenでない,同じ色のものはPriemel


春3

紫の花はKrokus(クロッカス)



木ではりんごの木,洋梨の木,杏の木,桜の木,これらは実がなっていないし花も咲いていないので区別つかず。

春22

胡桃の大木が昨年の大嵐で倒れてしまい,無惨な残骸が残っていた。
夏用のボートが転がっていた。

春13


春24



来た庭を振り返ると,可成りの坂なのだろう,遥か彼方に山が見える。Wilhelminenbergという山だそう。周囲全体小高い丘が沢山ある,と思いきや,大体標高4-500メートルで,名前が付いた山らしい。

春21


鳥がさえずっている。
カメラを向け,一枚望遠撮影成功。その後逃げて行ってしまった・・

春20


春23


途中フェンスがあり,その扉を開いて更に行くとあずまやがある。数年間に新しくあつらえたそうで,コーヒー一式を持って来なかったことを後悔。

春10


反対側の道路に出ると,そこから先日のSchrammelgasseはすぐだそうだ。

家に戻って,Wintergartenと称するガラス張りのテラスにてティータイム。
娘も呼んで,4人と1匹,のんびりと時が過ぎた。

春19


春18



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/43-051d7e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

異常気象まっただ中 «  | BLOG TOP |  » 「チャルダッシュの女王」を観てきたが・・

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する