辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

12年ぶりの再開 - 2010.04.19 Mon

もう何年も前から考えていたのが実行に移す勇気なく。


私の運転免許証は「ゴールドカード」
何故なら、運転していないので事故を起こすことも違反することもあり得ない・・
そうこうするうちに12年の年月が流れてしまった。

最後に運転したのは1998年初めだったと思う。
その後、突然の握力低下に襲われハンドルどころではなくなった。
更に、胸の手術を受けた箇所にシートベルトが当たる為運転は無理。
極めつけは「膠原病」による諸症状(筋力低下のみならず、ステロイドの副作用による眩暈や、反射神経低下)。

もう運転することもなかろう、と思いつつ、免許証の更新だけはしておいた方がよい、と周囲に勧められて…という訳だった。


節目の今年、今度は自分の老後を考える。
自転車に乗れなくなったら?雨の日に買い出しが必要になったら?
今は夫がプロ顔負けの運転をしているけれど、私より更に4歳上。誰しも同じ様に老いるのは当然。

運転を再開するなら今だ!逃したら一生しないだろう。
子供達も別に所帯を持ち始め、余程のことがない限り頼るべきではない。


思い立ったが吉日。
信用のおける知人に「中古の軽自動車」を探して貰った。
あっという間に見つかり、3月末に申し込んだ。
「ペーパードライバーの講習」なるものが近所にあったのだが、今はやっていません、と言う。さて、どうしたものか…。

夫は父親の件で長野に行ったきり。
15日に帰京。
その予定に合わせ、まずは車を取りに出向くにも保険は必要なので、又してもお世話になって保険契約。

週末はバタバタした。
金曜(16日)に車を取りに行く夫に合わせ、朝、ネットバンキングから車代を振り込もうとしたのだが、今まで(3年間)一度も出たことのない「パスワード記入」の画面が出る。絶対に合っているのに、エラー。3回間違えたので、窓口に、とのコメント。

朝10時に保険会社の方が来てくださって、細かい契約事項を確認。私ら夫婦以外、誰が乗っても保険がおりる様に設定した。息子たちは自分の車があるが、娘夫婦は持っていない。どこかに行く度にレンタカーでは…

そして銀行へ行ってパスワードの件を話したところ、それはコールセンターに電話をして設定をし直してください、と言うではないか・・・やれやれ・・・こんなに待ったのに・・・
帰宅してコールセンターとメールとのやり取りにて、めでたくパスワード設定出来てロック解除(何だか腑に落ちない)。
そして生徒のレッスンを済ませて、車屋さんへ。

初めてのマイカー
私が免許を取ったのは25年位前だと思うが、教習所はマニュアル車。取得するや我が家はワゴン車(そしてオートマチック)。何度も夫が買い換えるが、仕事上(大きな楽器を運ぶ)常にワゴン車。
それが突然軽自動車、それも可成り小さめの…。

早速週末は教習所のコースを借りて運転練習。
隣りに夫が座ってくれた。
土曜の夜は、久々過ぎる面喰らいと余りに小さい面喰らいとで1時間が過ぎた。
日曜は午前しかやっていない、と仕事を中断して明るい中を走ってみた。夜とは違ってよく見える。

路上を走るには、やはり講習を受けたいものだが・・・

about_side.jpg

(↑サイトから転用致しました)

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/426-674f497a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

運転再開・続き «  | BLOG TOP |  » 目下のお気に入り

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する