辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

Silvester(大晦日) - 2007.12.31 Mon

朝6時半から3時まで店は開いているというので、近くのBILLAにて買い出し。
コンビニが無いため、元旦は全部の店が閉まる。

1時半よりVolksoperにて「こうもり」を観る。

Staatsoperも大晦日の定番は「こうもり」だが、私は何と言ってもVolksoperファン!!
演出やアドリブが楽しい。オペレッタ=喜歌劇の「喜劇」部分が最高!

学生だった頃は(あぁ!もう30年以上昔の話だ!)5シリングだの10シリングだの(10シリング=当時150円くらい)の立ち見席で見たもの。立ち見の会場取りに走り、一階が取れないと階段を駆け上り少しでも良い席を確保。手すりに自分のテリトリー!とばかりにハンカチを結んで一安心していたものだった。
特に、テノールのPeter Minichが出る日は何をおいても優先!!
勿論座って観たこともあるのだが。

この日は・・・・既に11月からネットで注文しておいたParkettの一列目!!つまりオケピットが手すりの如くすぐ前。舞台もほんの数メートルが故、奥まで全部見えた!!
あぁ・・・こういう日がやって来るとは!長生きはするものです(という台詞が何十年も早いことは承知ながら、そう言いたくなるほどの思いだった。61ユーロも何のその)
「楽しかった!!」としか表現出来ない国語力の貧困さを恥じ入る。

演出は昔と殆ど変わっていないが、増えた部分としては、舞踏会場面にてプロンプターボックス(※)にまでシャンパンが運ばれたこと。歌手が踊りながら転んだ時(演出で)にもプロンプターボックスを覗いて「誰か居るわ!」

一旦帰宅して、軽い食事&爆睡。

Jahreswechsel(年の変わり目)のRathaus広場へ行きたい、という娘に付き合い、雪の降りしきる中を出かけた。
野外劇場が設置され、シュトラウスやカールマンなどのオペレッタからの歌が演奏されていた。聴衆はラテン系が圧倒的に多く(ドイツ語は全く聞こえなかった)、ステージでもイタリア語で説明がなされたり、「オーソレミオ」などカンツォーネも歌われていた。
カウントダウンでは勿論「An der schönen blauen Donau」。
花火も美しかった。

街の爆竹の凄まじさ!
花火を人に向けて放つのは勘弁願いたかった。Ringは路面電車通行停止。

帰りの17区への電車は無事に動いていて、降りたら雪が積もっていた。

(※ 後ほど書きます)
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/4-63337a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Jahreswechsel «  | BLOG TOP |  » 初ブログ!

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する