辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

母の命日 - 2009.12.14 Mon

3年前の今日、母は亡くなった。

親不孝な私を知っているので、そして「誰にも迷惑をかけて死ぬのはいやだわね」の言葉の通りだった。
「急性大動脈解離による心タンポナーデ」
私がお世話になっている色々な科のかかりつけ医に訊くと、異口同音に「突発的に起こるもので全く予測のつかないものなのです」と言われる。
でも、既に11月には何か自覚症状があった筈・・・と私には思える。その実、持病の喘息とはちょっと違って思える呼吸をしていた。
倒れたのが救急病院の前とは!(その病院でリハビリを毎週受けていた。)その日も会計を済ませ、外に出て一瞬立ち止まって倒れたそうだ。
医師や職員も見ていて(待合室の患者は勿論)すぐに院内に運び込まれたそうだ。既に心停止していたけどECHOにて心タンポナーデを認めたので - 大動脈が解離したことで血液が心膜と心臓の間にどんどん溜まり、心臓を押さえつけたことにより心停止させたのだろう、とのことだった - 胸を切開して管を通してその溜まった血液を抜き、並行して心肺の蘇生術を施してくださったとのこと。 でも戻らなかった。
これが自宅だったら??或いは人通りのないところだったら??
母の身体の事だけでなく、貴重品の入ったバッグを盗まれたかもしれない。あれもこれも警察沙汰になって色々な方々に迷惑をかけたろう・・・他人に迷惑をかける事を最も嫌った母。


晩年、2004年の夏からは我が家の前の道路を挟んだマンションに住んでいた。
そして没後3ヶ月には空けねばならず、母の所有していたもの殆ど全てが我が家に来ている。
新しく作った物置の中のみならず、我が家のキッチンや風呂場、又私の部屋にも。
3年も経つというのに、それらの整理が全く出来ないまま過ぎている。

今日は漸く、母の自慢の漬け物(祖母の代から1日たりとも欠かしたことのない、が自慢だった)の材料、使いかけの米糠も捨てた(やっと!!)
不要になっていた台所用品も捨てた・・・精一杯捨てた。でも殆ど減らなかった・・・
引き出しに入っていた貴重品と思しき中には、私の妹の若い頃の写真も入っていた。丁寧に包まれて。渡すつもりだったのだろうか?それともなかなか会えないから眺めていたのだろうか?
そんなこんな、ひとつずつ選んでしまうのでちっとも捗らない。母だったなら、潔くポイポイ捨てたであろうに。
あれこれ想い出しては涙が溢れた。


息子の結婚も孫の出産も天国で見ていたろうか?嫁のことも(当時はまだ結婚していなかったが)とても可愛がって「ちゃん付け」で呼んでいた。「頑張ったわね」と褒めていただろう。

娘のことも生まれた時からそれはそれは可愛がり、孫は手放しで可愛い、というのはこういう事なのだろうか?と思うほどだった。
そして娘が手伝いに行くことを何より楽しみにしていた。
マンションの水道が全部止まり、娘とその夫(こちらも当時はまだ結婚していなかった)が2人で給水車を何度も往復しては並び、水を運んだことがあった。

「たまには摩耶ちゃんの歌が聴きたいわねぇ…」と言うだろうか?
クラシックではないけれど、久々に流してあげよう。

"1000 words"(カバー曲。元は日本語らしい。詳しくは娘に訊いて後ほど書き加えます。)


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/382-a4437063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

不信心者なので… «  | BLOG TOP |  » 今日のAdventkalender

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する