FC2ブログ
A D M I N

2020-03

アカンサス - 2009.12.10 Thu

「アカンサス」と言えば何よりもまず、我々の母校東京藝大の校章に用いられた植物。
(校章見当たらず…見つかりましたらアップ致します)
元はナイル川のほとりに自生する植物らしいのですが(古代ギリシャのコリント式建築の柱の模様などに用いられています)、我が家の庭には春から初夏、放置するとどんどん繁って行きます。
以前もアップしましたが…

葉が生い茂り;
DSCN6727_convert_20091210111931.jpg

やがてどんどん花が咲き始める;
DSCN5187_convert_20091210111746.jpg

その校章から名前を取って結成された弦楽合奏団「アカンサス」。これは私の在学中にもよく掲示板にポスターが貼られており知ってはいたのですが・・・

ウィーンに留学し、知り合った友人が学生時代「アカンサス」で演奏していた…と、当時のカセットによる録音を聴かせてくれました。(感想は書かずにおきましょう…当時20代前半が最多年齢だったのですから…)

そのカセットテープを聴かせてくれた友人は我が婚約者となり、今では孫も持つ我が伴侶となっている訳です。



数年前から再結成をして練習が頻繁にあって…と話していました。
「アカンサスII( Acanthus2 String Ensamble Tokyo )」と称して活動を始めたことも聞きました。
一昨日コンサートがある、しかも今回は杉並公会堂という我が家からはバス一本・・・

当時の学生たちが半世紀近いそれぞれの人生を歩み、それはソリストとして、海外のオケ団員として、或いは大学で教鞭を執り、又家庭を持ち子供を育て・・・そして再び結成。
テクニックは勿論のこと、演奏内容の円熟ぶりに(こういう表現は諸先輩に対して本当に失礼なのですが)、人生って何て素晴らしいのだろう!!40年の年月の間の苦しみや悲しみを経て再び集い演奏しているその内容…ひたすら感動でした。

http://ssl.netpia.jp/sshop/suginami/cgi/shop_more.cgi?code=362

上のサイトは順不同です。
(12月11日に開いたところ既に消えています)

前半は指揮なし(エルガー、ヴォルフ、ヘンデル、プッチーニ)。後半は指揮あり(チャイコフスキーの弦楽セレナーデ)。
ソプラノの客演、三縄みどりさんのアンコール、Amazing Graceのピアニッシモの美しさは今でも耳に残っています。

大ホールが満席であったことも書き加えておきます。

(もし関係者の方がお読みになっていらっしゃいましたら、「打ち上げに厚かましくもご一緒させて頂き、有難うございました。」)

頂きたてのYouTubeをどうぞ。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/377-35303590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いよいよかも・・・ «  | BLOG TOP |  » 頑張った指の記録として…

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する