FC2ブログ
A D M I N

2020-03

目と指の更にその後 - 2009.10.23 Fri

どうしてこんなタイトルの日記ばかり書いているのでしょうねぇ・・・

同じ症状の方々への参考になりましたら幸いです…という事でしょうかね…。

ただ今やっと帰宅し,手洗い嗽を済ませて忘れないうちに(正しくはイヤにならないうちに)記録しておきます。


指でかかった病院院長は今日は午後のみ診察。それに合わせて午後一番で反対方向の眼科へ出向いた。
増えてしまった飛蚊症(昨日だか一昨日だか書いた通りの剥離性と思しき)の場所を細かく述べたところ,前回と同様散瞳して詳しく診てくださいました。確かにあるそうです。
でも網膜剥離ではないので安心してください,とのこと。
これはもう仕方のない症状らしい・・・

と言っても,可成り今は邪魔!最初に受診した日はパソコン画面には入って来なかったのですが,新しい数本は入っていて,しかも目を左右に動かすとササッと素早く3次元的に形を変えて移動。
楽譜や鍵盤はどうなんだろう?まだ試していないが。
それにゆっくりゆっくり移動する生理的飛蚊症も進行しているしなぁ…。
どこかで硝子体のゲルを入れ換えるとか密着させる,とかそういう技術はないのかな?
いくら網膜剥離ではないので安心して構わない,と言われても・・・いや,確かに比較レヴェルではない程安心していますよ,いますけどねぇ・・・



そして向かった手の方の病院は,今日は院長が一人で全科を診られる。
3時開始の筈が…4時近くになって漸く院長が入って来られた。(服装から察するに葬儀に参列??)

待ったのなんの・・・
でも待って良かったです。

先日の別な先生の受診・・・余りに粗雑,且つ言われたことも・・・
前の日記に書いた通りですが,素人判断で悪化をまぁ少しは食い止められたのではないか?と思う。
結局(痛いと思っていた)爪先及び爪の生え際から菌が入ったのでしょう。バラマイシン(抗生剤)を勝手に塗ってガーゼぐるぐる巻きは成功だった様です。

今日は,その爪の生え際を針でめくる様にして膿と血液の混ざったものを押し出して下さいました。3回反復。「全部出してしまって下さいよ」とこちらから頼むほど。でも,これ以上やると怖いものがあるそうで・・・
「明日又来てください」と。
明日は7時頃まで仕事がある事を告げたところ,明日は当直で一晩待機しておられるそうで,電話してから来てみてください・・・と。何と親切な先生!!

それにしても,前回の先生は・・・絶対変だ!と思った。整形外科と外科は違うし。
去年のこともあり・・・

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/blog-entry-193.html


今日になって(時間にゆとりもあったのでしょう),膠原病に罹ってステロイドを今でも飲んでいる話なども出ました。どうしてバラマイシンを持っていたか,を訊かれたのがきっかけだったと思う・・・


という訳で,当分やれやれ・・・の日々になりそうです・・・

あぁ,ピアノよ・・・いつになったら弾けるのやら???もとい,練習出来るのやら?
左手4本用のフィンガリングを考えるべきか?「4本も」使えるのですから
(でも,ステージに上がれば「日頃の使い慣れたフィンガリング」に戻って,凄まじいことをしでかしそう


__________________________

暫く経って,他の指を何気なく見た。
殆どの指の周囲が・・・

10年前の「爪周囲炎(そうしゅういえん)」の始まりに似ている!
皮膚筋炎と診断が付く前に,全身の赤みの後から出た症状(あの時は筋症状が最後に出た)で,皮膚筋炎の症状のひとつだった。
あの頃は,日一日と酷くなって行ったので,同様であれば,今度の月曜に整形とリハビリが入っているので皮膚科も予約外で診て頂いてこようと思う。

それと不思議なことは,10本の指の爪はいつも同じ長さに(というよりは出来るだけ短く)切っているのが,今回右手人差し指だけ伸びが速い。もしや・・・左人差し指の分も伸びる??そんなバカな・・・と思いつつ不思議。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/360-514383ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

疑問 «  | BLOG TOP |  » 目と指のその後

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する