FC2ブログ
A D M I N

2020-04

目と指のその後 - 2009.10.22 Thu

目の,硝子体膜剥離性飛蚊症とやら・・・
今朝になったら増えています。
元々生理的飛蚊症は沢山あり,それらはすっかり慣れてしまっているのですが…

一昨日の左下のみならず,真っ正面に小さな黒い点が3つ,少し右上に短い線がひとつ,これらは全てまっ黒。
左の斜め下にも新たな何かが・・・(これは視界にないけれど,まるで残像の様に光るライン)
又しても素人判断の悪い癖ですが,シェーグレンによる目の乾きは,眼球の表面だけではなく,裏側にも生じる??・・・とふと思ってしまった。



指は,「使った方が治りが早い」を信じ,でもピアノの鍵盤は下げるだけでも50g近くあるのでとてもとても…触れただけで悲鳴を上げそう。なのでパソコン打っていますが・・・

昨晩,指先に痛みが・・・
病院での治療は,体液を吸って膜を作るという液体を垂らして小さなガーゼを貼り,その上からバンドエイド。剥がしてはいけない。(市販の大きなものは家にもあるのですが,これは切って使ってはいけないものだし,他の薬を併用してもいけないもの。)
何かにぶつけるとこれだけでは痛いので,動き回る時にはガーゼを分厚く巻いているのです。
でも,今まで無かった指先の痛みが不審で,2-3日放置しておくべく言われたバンドエイドを剥がしたら,何だか爪の先が膿んでいる様な。
一応バラマイシン(抗生剤軟膏)を塗ってガーゼを巻き付け,念の為に抗生物質の服用もして寝たところ,今朝は何もしなければ痛まないところまでになっていました。
やはり毎日消毒した方が良いのでは?と又私の素人判断の悪い癖が(二次感染が気になる)。

「週末に又来ればよい」と言われたのですが,土曜は一日外せない仕事…先週もキャンセルした…親指の瘭疽で。
なので金曜に行ってくるつもりですが…。

治る時が来たら治る・・・1ヶ月かかろうとも・・・多分。
「自分の身体は自分が一番知っている」といった感じで。
あとは自然治癒力に任せ,家にある薬で治療しても構わない気がしてなりません(「皮膚筋炎」が故に皮膚科には定期的に通っている為,大体の薬は揃っているのです)。


あぁ・・・どうしようかなぁ・・・と迷ったところで,諸悪の根源我にあり


しかも,常時何とうるさい患者だろう!?とも思うけれども…今回だって一本しか無い左人差し指,一つしか無い左目,そして何よりも一つしかない命なので・・・

(生徒たちの発表会,数えたら私の出番は15曲!?相変わらずの無計画さ!

それよりも何よりも1日と8日に何を演奏するかを先に決めねば!!!
あぁ,ご迷惑をお掛け致しております・・・




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/359-e7eb7f6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目と指の更にその後 «  | BLOG TOP |  » 昨日の慌てた受診(その2)

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する