FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-10

ヴァレンタインデー - 2008.02.14 Thu

まだSchrammelを引っ張っているが,思い立った時に!
・・・と,街の中心部にあるDoblingerへ。
ここは普通の楽譜のみならず,Antiquariat(古本)部門もあるので行ってみた。
一生懸命に探してくれたけれど生憎今日は無く,「でも必ず入るから時々寄ってみて」とのこと。
我が家には沢山あるのだが…多分出版されていると思しきものは全て…
幸い,シュランメルに関する本が一冊だけあって,しかも現代の活字!(古い本はブラック体というかゴシック体というか,アルファベットそのものを読むだけで疲れ果ててしまうものが多い)値段は決まっていないのだろうけど,10Euroで購入。私としては万々歳。
あとはLPやCDから書き取りだな,とCD売り場へ。
夫に電話をして,家にあるものを訊いた後,何枚かを購入した。これも又,出版されているものは殆ど家にあるのだが。

Doblingerは伝統をしっかり護っているのか,未だに「CD」と書かずに「Schallplatten」と書いてあるのが可笑しい。我が年齢にはSchallplattenはSPやLPを思い浮かべてしまうが,ま,確かにCDもSchall(音・響き)Platte(板・版・盤・・・)ではある

ヴァレンタインデイ4



出たついで(何しろ仮住まいは殆どウィーンの森),長く壊れているのか電池が切れているのか,止まったままの我がSwatchを見て貰いにGrabenのSwatchへ。去年の7月にアムステルダム空港で購入したので,まだ保証期間内。保証書を持っていれば無料なのに,と店員が残念がりながら電池交換。無事に動くことを5分間確認し,電池代6Euro支払って店を出た。

その後中心街を散歩した。
ヴァレンタインデーが故,もっと華やかかと思いきや,至って質素。30年前の方がショーウィンドウも派手に装飾されていた気がする。シリングがユーロになったことと関連でもあるのだろうか・・いや,30年という長さには流行や人々の興味も変わるのだろう。
そもそもヴァレンタインデーというものの発祥が,3世紀イタリアのローマ法王の元で迫害を受けていたSt.Valentinであるから(当時のローマ法王は兵士の結婚を禁止していたが,それを無視して男女の結婚式を執り行った為に処刑された),カトリック教国としてはどうなのだろうか?もっと祝って然り?或いは??

変わらなかったのは,寧ろ女性向けのプレゼントに良さそう店ばかり,スポットライトを浴びていたこと。
ヴァレンタインデーには男女を問わず,親しい人とちょっとした贈り物のやり取りをしたものだったが。

ヴァレンタインデイ


ヴァレンタインデイ2


ヴァレンタインデイ9


ヴァレンタインデイ10


ヴァレンタインデイ11


ヴァレンタインデイ12

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/35-7b03962f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日記が全部一旦消えた・・・ «  | BLOG TOP |  » 何も言うまい・・

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する