辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

9月8日 - 2009.09.08 Tue

特に何も予定のない一日。
行きたいところは沢山あるのだが・・・

まず、何年も思っていた、ステージでも着られるディアンドルを1着購入した。

若かりし頃(20代の頃に)購入した、ロングの、それも豪華な生地のものを何着も持っていたのだが(正しくは「持っているのだが」)。同じオーストリアの同じ「ロング」でも、地方によってデザインが違い、何種類かあった。
それらは、父が絵の題材に使う為、という大義名分にて、当時は価格よりもデザイン!という何とも贅沢な購入をしたものだった。
「ウィーンもの」の演奏会の時にはよく着たし、室内楽では共演者達にも着て頂いて舞台衣裳となった。
年月は過ぎ…数えてみれば…ウン十年が経つ訳で、私の体型も変わり、残念なことに・・・以下略。


1着持っていても良いのではないか?と、ずっと気になっていた。
そして今回購入に至った。
とは言え、1970年代の(勿論シリングだった頃)ものを円に換算し、今回購入のユーロを円に換算して比較すれば、桁数がひとつ違うのだけれども・・・

しかも!サイズの数字は変わっていない。36, 38, 40と試着して、結局38に落ち着いた。
あとは下着で補正しなさい、ということなのだろう(実際、店の人にも言われた

最近民族衣装を扱う店が減っている。以前は中心部に何軒もあったのに。
私が思っている場所に無く、娘に教わる始末。
やけに詳しい、と思ったら、2005年だったか?父親と共に出向いた折に、マントを購入していた!そうだ、そうだった・・・白い100%毛の。


次に向かうは、サイズを頼んでおいた、DelkaのThink! のコーナー。
取り寄せて貰ってあった靴を購入(これも、シーズンが過ぎたのか半額以下!!)


37719724_2527155348.jpg



地下鉄に乗るべく立っていたところ、目の前にあるコミック本の店の大きな広告が娘の目にとまり・・・(その広告はDoraemonだった)
これから出向く靴店のすぐ傍、ということで、私も見学かたがた一緒に出向いてみた。
日本語でも私には分からない漫画なのだが、ドイツ語に訳されて出版され(つまり、吹き出しの中は横書きのドイツ語)、所狭し、と置かれている!!
これはもう一種の日本文化、としか言い様がない。いや驚いたの何の!!
この図々しいオバサンは、又しても写真を撮ってよいか訊いたところ、当然の如く、"Ja, fre~ilich ! !"の答え。
(ご興味がおありでしたらクリックで拡大にてご覧くださいませ)

37497949_1857293602.jpg


37497949_1254371385.jpg


37497949_938183448.jpg


37497949_3091335353.jpg


37497949_686591731.jpg


37497949_2673845021.jpg


娘はごっっっそり購入。
彼女のドイツ語は、沢山のこの類の漫画と、ドイツ語のテレビゲームで自然に身に付き、多分私より耳も確実だと思う


そしてDELKAへ靴を取りに行き、今回まだ一度も入っていないAïdaにてマラコフトルテを食べ、お土産や自分たちが帰国後に使いたいもの等を購入し、暫しそぞろ歩き。

考えてみれば強行軍の毎日となっている。
勝手気儘なこういう日も大切。


夕飯は娘が作ってくれた

(随分記憶から脱落している。もっと書きたいこともあった気がするのだけれど・・思い出したらいずれ又・・)



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/333-33e8c69f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「9月8日」について

「9月8日」について関連の記事。

9月9日 «  | BLOG TOP |  » 再度ウィーンへ

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する