FC2ブログ
A D M I N

2020-04

Leipzigへ - 2009.09.04 Fri

9月4日
ライプツィヒへ

1日より娘と共にウィーンにて過ごし(これは改めて遡って書くことにします)、本日の夜遅くにライプツィヒに着きました。
今年はメンデルスゾーン生誕200年とあって、ウィーンへ行くなら折角EU内をもう1箇所航空費そのものは無料で飛べる、というオーストリア航空のシステムを使わない手はありません。

が、理由はもっと深いところにありまして・・・
バッハとメンデルスゾーンの関係、又、東西統一への道とゲヴァントハウスの関係などを、身近に見聞したいと思ったからです。

37236754_437363846.jpg



ところが・・・着いたイメージとしては「I am Jerry !」です。
Tom & Jerryの話で、Jerryが田舎の生活に飽き飽きして、Tomに置き手紙をしてマンハッタンに行き、都会の大きさと怖ろしさに触れて田舎に逃げ帰り、Tom宛に書いた手紙をちぎり飛ばす・・・というお話、大好きなひとつなのですが・・・

何という大都会!!
縮尺も確認することなく地図だけ見て、正味二日間もあれば見たいところは制覇出来る!との計算は甘かった様です。


飛行機はプロペラ機でした!!
失礼な話ですが、本当に飛ぶのだろうか??という大きさでした。まるでバスが飛んでいる様。
オーストリア航空とルフトハンザの乗客が計50人ほど。ドレスデンで途中着陸し、降りる人と乗り込んでくる人。
私が初めて渡欧する少し前迄は、日本から海を渡るにもプロペラ機だった訳ですから何も不思議は無いのですが、驚きました。娘はウィーンからヴェネツィアを往復した時がプロペラ機だったそうで、ごく当たり前の顔にて、世代が逆転した親子。
又、予報も外れず雨のライプツィヒ!飛行機から降り立ち、豪雨の中をゲートへのバスまで全員傘もさすことなく行列していました。

空港からタクシーで約30ユーロ分走って・・・着いて、ホテルの大きさとその向かいにある駅の大きさと・・・まさに目下の私は、あのマンハッタンに着いたJerryの気分なのであります。
諸々の予定で3泊しか、それも夜遅くに着き出発は早朝ですから、正味2日分しか取れなかったのが残念ですが、地図を頭で拡大し、優先順位にて動き回るつもりです。
最初に書いた通り、調べてみたいこと、自分の目で見てみたいこと、余りに多すぎて計画倒れは見えているのですが・・・

37497949_1372623151.jpg

(娘は、大学時代に美学芸術を専攻していた為、この様な旅行となると私以上に夢中になる筈です。親馬鹿ながら頼りになります。)


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/324-36a6fbec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Leipzigへ(2) «  | BLOG TOP |  » 9月3~4日

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する