FC2ブログ
A D M I N

2020-03

子供達にこそ本物を(画像追加) - 2009.07.20 Mon

教えるのであれば、時間はかかっても、又その子供に応じたレベルであっても、じっくりと本物を教えたいし聴かせたい。耳を豊かに育てたい。
それには基礎はやってやり過ぎることはない。
その様に指導してきたつもりです。

同じ様な考えで教えておられる、バレエの三輪陽子先生。
三輪先生のお教室の発表会は毎年楽しみで、都合がつく限り伺っています。

前半は「バレエコンサート」と称して、所謂バレエの名作からピックアップし、三輪先生の振り付けにて、既製の録音のみならず生演奏と共に踊る。そして後半は「全幕」物を上演。
前半も後半も、幼稚園年少さんからプロまで!三輪先生ご自身も踊られる事も大変楽しみです。先生の手脚の爪先までが、バレエそのものは勿論、音楽をも心行くまで堪能させてくださいます。

いつも感心してしまうのは、どんなに幼くとも「音楽と一致した表現」の振り付けであること!音楽のキャラクター、フレーズ、強弱や抑揚に頂点等々。
今年は間に合わなくて拝見出来ずに残念だったのですが、第1部の「バレエコンサート」に於いては、まさに「コンサート」!音楽を表現する為バレエ、とすら(音楽家の身として)感動してしまいます。
これは当然の様に思われるかも知れないのですが、妥協して音楽とは全く無関係な振り付けの発表会に如何に多いことか!!いえ、それ以前に、指導する側が音楽を理解していない場合もあるのでしょう。(ざっくばらん、これの多さに辟易)

昨年は第1部のバレエコンサートから、第2部の「コッペリア」まで全部観ることが出来たのですが、今年は辛うじて第2部「胡桃割り人形」の最初に滑り込めました。
ブログを以前からお読みくださっていらっしゃる方々は、私の「胡桃割り人形」好きはご承知でしょうけれど、最近のウィーンの両オペラ座での振り付けが余りに現代的になってしまい、少々悲しいのです。

今日は、その大好きな「胡桃割り人形」、最初の(普通の、という表現は相応しくないかも知れませんが)雪の降りしきる美しいステージと音楽に、ホッとしながらバレエの世界に導かれました。

ところどころ持参していたデジカメで撮ったのですが、すぐにバッテリーが切れて、第1幕が終わるや、コンビニに走り、バッテリーを買うありさま・・・
許可を得て、アップさせて頂きます。(重すぎて動かない場合には、動画の下の文字をクリックして、倉庫からご覧下さい)
著作権のことはよく分からないのですが(こんなに粗い画像で失礼なもので尚更…)、三輪陽子先生にあります。

★携帯からも一枚ずつダウンロードで見ることが可能の様です。

消えてしまったようなので(少なくともMacでは)、再度アップしてみますが、二重に表示されている場合は片方をご覧になってください。

[高画質で再生]

Ballet1

[広告] VPS

 

[高画質で再生]

Ballet2

[広告] VPS



三輪陽子先生による「アラビアの踊り」

[高画質で再生]

アラビアの踊り(三輪陽子・新井光紀)

[広告] VPS


途中から「花のワルツ」になりますが、これは生演奏です。演奏は座間味朝子・三輪依子両氏。

[高画質で再生]

アラビアの踊り~花のワルツ

[広告] VPS



[高画質で再生]

Ballet4

[広告] VPS

[高画質で再生]

Ballet5

[広告] VPS


カーテンコールも楽しみのひとつです!!
[高画質で再生]

Ballet6

[広告] VPS


もっと載せようとしたのですが、パソコンでは画面が出なくなる様ですのでここ迄にします(画面下のタイトルクリックで、倉庫からご覧になれます)。




先生には今後もご活躍頂きたく、同時に私も頑張らねば!と思ったひとときでした。




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/316-c5b09134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日食の想い出(追記しました) «  | BLOG TOP |  » 7本指のピアニスト

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する