FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-10

廃止になった寝台特急  - まつわる想い出 - - 2009.03.14 Sat

NHK総合テレビの「にっぽんの現場」最終回、しかも「寝台特急ラストラン ~人生を運び続けた半世紀~」とのタイトル。
夢中で見てしまいました。

以下は NHKのサイトより引用;
3月13日で東京と大分・熊本を結ぶ寝台特急「富士」「はやぶさ」が廃止となり、東京駅発着のブルートレインがすべて姿を消す。かつては東京と地方をつなぐ大動脈として日本の高度成長を支えた寝台列車は就職や受験など大きな岐路に立った人々がふるさとから上京するときに利用した「人生の列車」だった。大きな夢を抱いて上京した人。泣きながら帰省した人。もう一度乗車し、別れを告げる人も多い。乗務員にとってもブルートレインは特別な列車だった。下関・東京間を担当する51歳の車掌。残り少ない日々をしっかり勤め上げ、ブルートレインを見送りたいと考えている。14日午前10時03分、東京駅に着くラストランの模様も織り込みながら、寝台特急が運び続けたそれぞれの人生を見つめる。
放送:総合テレビ
 


懐かしさでずっと見てしまいました。

2004年の秋、北九州市皮膚科医会創立50周年という記念式典、講演会・祝賀会に招かれ、講演及び演奏の依頼を受けて出掛けるのに使ったのが、この寝台特急でした。

依頼を受けたその年の初めは体調も良好であった為、その会の座長を務めておられる産業医科大の皮膚科戸倉新樹教授から講演依頼のメールを受けた時、喜んで即刻お引き受け致しました。
戸倉教授とは、私がお世話になっている杏林大の塩原教授からの紹介で知り合いました。私の1枚目のCDでは塩原教授がライナーノートを書いて下さいまして、そのCD完成の折に、音楽がお好きな医師としてご紹介を受けたのでした。
二回目のリリースでは、この戸倉新樹先生がライナーノートを書いて下さいました。


2004年は丁度家を建て直した年で、完成してからは炎天下での3世帯の引っ越し、やり直し工事等々、予想外にも身体は悲鳴を上げていた秋となってしまい、新幹線で座っていては身体が固まって動けなくなる事は予測出来、さりとて、飛行機では空港までの何度もある乗り継ぎが、一人での移動は大変…荷物を先に送ったとしても…
ということで、選択肢は自ずとに寝台特急になったのですが・・あぁ、懐かしいなぁ・・とテレビをずっと食い入る様に見てしまいました。
廃止になるとは思わず、列車の写真は一枚も撮らず…本当に残念なことをしたものです。


寝台特急での移動は予想以上に楽な、寧ろ快適な旅となりました。
個室寝台を取り、開けると洗面台になる机(いや、閉じると机として使える洗面台??)にて、まだ何も考えていなかった講演内容のメモを作りながら出向きました。
講演者は4人で(私の他は皆、医師の諸先生。私がこの様な場で喋ってよいものか…甚だ気後れを感じたのも否めないのですが…)、一人の持ち時間が30分だったか、いや、50分??←可成り違うのに、思い出せません。いずれにせよその様な短時間に、皮膚筋炎の発病、闘病から仕事復帰までをお話ししたいものの不可能・・・それで、講演時に配布して補うことになったプリントをワードで打ち、これは出発の前日あたりにメール添付で送り、滑り込みで間に合ったのですが、肝心の講演内容が整理が付かない・・・それを思い出すと、同時にあの寝台車の個室を懐かしく思い出します。 久々の駅弁も。

到着してしまえば、出迎え先は全員医者だから何とでもなる!!と列車で頑張ることに…
でも、病院の9時の消灯の如く、車掌が「電気が暗くなりますので」と声を掛けに来て、仕事は諦めて寝ました。ぐっすり。
気付いたら外は既に明るく、岡山だか広島だか・・・

その日はその医会の中心となる先生方と会食があったのみで(美味しい和食に楽しいひとときも有難うございました)、出来るだけ休養に努めました。会場でもある小倉のリーガロイヤルに部屋を取って下さり、これも有難かったです。
しかも、日頃から感じていた私の体調不良やステロイドの量(当時はゼロを目指しており)など、決して掛かり付けの病院を信頼していない、という訳ではないのですが、セカンドオピニオンが叫ばれる昨今、これを機会に戸倉教授のご意見も仰ぎたくお願いしたところ即刻のご快諾を頂き、その会食の前にホテルロビーにて、貴重なご意見を得ることが出来たのです。

翌日は早くから起きて講演内容を一応走り書きし、本番では時計と睨めっこで無事時間内に講演も収めることが出来ました。

25396687_2025413714.jpg

25396687_66515480.jpg



祝賀会ではピアノも弾かせて頂きました。数曲弾いたのですが「英雄ポロネーズ」以外は思い出せません。
25396687_1233526711.jpg

25396687_59334598.jpg

25396687_602361318.jpg



終わって、夜景の美しいホテルのバーにて二次会。

25396687_3262373341.jpg

25396687_3320909295.jpg



その時に娘からメール。
新潟で大地震が起きている。お母さんのお友達は大丈夫?というものでした。
すぐに連絡を取ってみたのですが電話もメールも送信出来ません。
この件は又後で触れます。


翌日は夜行まで時間もたっぷりあり、初めての北九州に、門司と下関を戸倉先生がご案内くださいました。
九州は演奏旅行で何度か足を運んでいるのですが、(九州に限らず)仕事で出向くのは駅や空港、演奏会場に宿泊施設のみで、観光をしたことのない私…今回は本当にリラックスした、まるで異国の地の様でした。海を見たのは一体何年ぶりでしょうか。

25396687_552849540.jpg

25396687_1564600136.jpg

im_kan_tenb.jpg

im_kan_zei2.jpg



タイトルから段々離れて来ました。
一旦ホテルに戻り、仮眠を取り、再度夜行列車。
それまで繋がらなかった新潟に電波が繋がり、十日町の友人とメールのやり取り。
想像を絶する状況であることが分かりました。高校のグラウンドに車を停め、その中で夜をしのいでいる由。

この時決心をしました。
北九州の医会が創立50周年、お招き下さった戸倉先生50歳(これは余計でしたか…)、私のピアノ歴も50年。
50年間弾けたことへの感謝としてミニ・コンサートを急遽行い、カンパを集めよう!
準備期間1ヶ月で2回のコンサート。宣伝、当日の誘導、ご来場、等々沢山の方々のご助力を得ることが出来ました。
これもブルートレインあってのことでした。



早朝浜松で途中下車。
戸倉先生の奥さまにお会いして、お礼やご報告かたがたお茶の時。

その後は予定していたヤマハ本社に出向き、自分のピアノを選定する筈でしたが、予想外のピアノの構造が発覚!黒鍵が何と!角が取れすぎて丸みを帯びているのです。これに慣れてしまったら絶対にSteinwayは弾けません。C7だけは従来の形でしたが、置き場はありませんから(ベーゼンドルファーのフルコンは手放せないです)。潔く諦めました。


と、関連して貴重な経験を次から次へと思い出させてくれた番組でした。



ところで、その寝台車の車内アナウンスが流れる度、「このメロディは一体何だったろう?」と乗車中ずっと気になっていたのですが、今しがたのテレビでも「はて??」・・忘れぬ様、傍にあったメモ用紙に五線を書いて音符を書き留め、帰宅した夫に訊いたのですが…知らない、と…

そうだ!検索だ!!と「JR 車内アナウンス オルゴール はやぶさ」と入れて検索したところヒットしました。疑問氷解!!

ハイケンスのセレナーデ!!

どうやら小学校の時に聴いた様です。
ほんの半年ほど参加していた器楽クラブで弾いたか、鼓笛隊か、音楽の授業で聴いたか、はたまた校内放送だったのか・・・




上の映像でのメロディは、楽器の都合か(多分bフラットまでしか出ないと楽器と思われ)少々メロディーは違っています。
昔聴いた演奏は行進曲風にテキパキとしたテンポと楽器編成でした。(階名で:ミ、↓ソ、ミー、ファ、ミ、レー、ド、レ、ミ、ド、↓ソーソー、ファ、↓ソ、ファー、ミ、↓ソ、ミー、レ、↑#ファ、↑シ、ラ、ソーソー・・・)

「おまけ」というところからが車内アナウンスの音楽です。
画像が気に入ったので敢えてこれを選びました。

とりとめのない文章になってしまいました。
ここで送信しておきましょう…。


(北九州市皮膚科医会創立50周年の記録は、戸倉先生のご快諾とご確認を得てアップ致しました。)
関連記事

● COMMENT ●

有難うございます

中村 昌寛様

貴重なコメントを有難うございました。
ただ今そちらの解説を拝読、原曲も聴かせて頂きました。
なるほど、短調の部分がすっぽり抜けているのですね。

随分ネットサーフィンして探したのですが、YouTubeに頼る結果となりました。
すっきり致しました。
貴重な資料のご提供に厚くお礼を申し上げます。

今後とも宜しくお願い致します。

ハイケンスのセレナーデ

この曲はいい曲ですよ。
ジョニー・ハイケンスさんは、この曲のみを残して、連合国軍に逮捕され、獄中にて自殺をした方です。
この曲は主題が1つまるごと抜けています。
私の音楽ノートに本当の原曲を聞くことができます(下記URL)。
http://tad.music.coocan.jp/music-4/heykens-01.html
また、曲目解説は私のブログをはじめ、「ハイケンス 解説」で多くのホームページがヒットします。そちらもどうぞご覧ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/264-6e24d850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィールの音楽を «  | BLOG TOP |  » Der Wegweiser(道しるべ)追記

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する