辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

Der Wegweiser(道しるべ)追記 - 2009.03.07 Sat

執拗な日記かも分かりませんが…

前述の「冬の旅」の歌詞を、シューベルトが「Wegen」に書き換えたのは意図的であったろう、とする点、私は否定する気にはなれません。
そもそも北ドイツに生まれ育ったWilhelm Müller※の詩です。Straßeが使われていることは、所謂北ドイツ平原ならではの単語。
勿論雪も降りましょうし寒いことには変わりはないのですが。
※Dessauに生まれ、Berlinで日本で言えば文学部に該当するであろう学部で学び、再度Dessauに戻って職に就き、最終的には宮廷顧問官を務めるも、2年後に百日咳に罹り、翌年10月には33歳の若さで心臓発作の為に亡くなっている。

そのミュラーの亡くなった秋にシューベルトはミュラーの詩で「冬の旅」を歌曲集として完成し、その翌年にシューベルトも亡くなっています。


シューベルトはオーストリア(当時の領土とは言え)から一歩も外国に出ていないことを考えると、北ドイツの風景は知らなかったのではないか?あくまでも自分の中での「冬の旅」として考えていたのではないか?

ウィーンという街は、アルプス山脈の東の外れ辺りに位置し、今でも路面電車に乗って郊外に行き、そこから徒歩で散歩を始めれば、可成り勾配の厳しい道(StraßeのみならずGasseもWegも)に出逢います。ちょっと歩けば軽く標高400mを超えます。
ヨーロッパの殆どが道の名前に数字を加えて住所としていると思うのですが、ウィーンの西、つまりウィーンの森と称する辺りにはWegと付く道の名称が一番多い場所もあります。そういう地域には墓地も多いのです。


下は昨年の暖冬だったウィーン郊外から。

27608768_3885408361.jpg

27608768_3215103745.jpg



下は、普通に雪が降った頃。
(1980年1月)
但し写真の場所は、なだらかな傾斜はあるものの、殆ど平地です。

25396687_1726237540.jpg

25396687_3636960766.jpg


シューベルトの歌曲を歌う場合には、この土地にて秋から、青空のない長い長い冬を過ごし、5月になりやっと遅い春を迎え、花々がやっと咲き乱れる時期を体感してみない事には表現出来ない部分もあるのではないか…と思うこと屡々です。
勿論理想論ではあります。歌に限らず楽器演奏に於いても。シューベルトの転調を身体の一部の様に感じるには・・・
(尤も、最近の地球温暖化現象では不可能か?)






関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/263-66f9a4af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

廃止になった寝台特急  - まつわる想い出 - «  | BLOG TOP |  » 骨粗鬆症・骨代謝改善薬

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する