FC2ブログ
A D M I N

2020-03

多分麦粒腫 - 2009.02.05 Thu

昨日の朝、左目に痛みを感じた。
これはよくある事なのだが、ちょっと違い、鼻側の瞼の内側が赤くなっている。

麦粒腫(ものもらい)と直感。
久々に(眼鏡のことで)人混みを歩いたからかも分からない。或いは眼科ではない眼鏡店だから、消毒を怠っているかも分からないし。
黄色ブドウ球菌とか、どこにでも居る菌が乾きがちな目(長時間にわたるパソコンでのデスクワークの上にシェーグレン持ち)に住み着いたかも・・・と(素人判断)。
それとも、先日義父の部屋の掃除※をしたからかもしれない。義父は酷い結膜炎で目脂がべっとりの人。濃度の高いアルコールティッシューで至る所を拭いた。
(「めやに」の変換が「目脂」とは!ドイツ語のAugenbutterそのものだ


膠原病でのステロイド服用以来、感染症に罹りやすいから、と常時目薬も抗菌のタリビット点眼、ステロイドのフルメトロン、まで処方して頂いている。(人工涙液とヒアレインの他にも、の意)
偶々先週皮膚科受診の折に、眼用の抗生物質軟膏(タリビット眼軟膏)も処方して貰った。出来るだけ外出を控えたいから。
早速使うことになるとは・・・

取り敢えず一日これらの点眼薬と軟膏と、抗生物質(クラリス)の服薬で様子を見よう、それで治らなかったら本当に麦粒腫だから眼科を受診しよう、と点して飲んで塗ったのだが…今朝になったら明らかに麦粒腫!!
ところが生憎今日は木曜。家族全員が信頼している地元の眼科は休診日。(おそらく総合病院以外はどこも休診日)さりとて病院に行けば又余計なもの(インフルエンザなど)のお土産が付くからなぁ……

(医師の先生方、ざっくばらんな日記ですみません。患者とはいつもこんなことを考えているのであります。)

罹った以上4-5日は治らないことだし、我が家にある上記の薬を続けてみることにしようと思う。
麦粒腫は小学校5年の夏、はしかで体力が弱った頃、忘れもしない!!連続して12個出来た。夏休みの間、毎日眼科に通ったことを記憶している。子供の脚で30分の。膿が溜まっては切開したり、自然に破れて出たこともある。当時は老眼ではなかったから(!)切開する時の道具が瞼に触るまで全部見えたものだったなぁ・・・

※義父の部屋の掃除をしたのは、息子がインフルエンザに罹ってしまい、プレママのKちゃんを隔離して欲しい、と希望して来たからだった。でも逞しいKちゃん、結局来ないどころか日々店長として出勤している。
パパも強くなってね!



久々に更新すれば、目に関することばかり続いております。


______________________________

ただ今午後3時半。
先ほど駅の向こうのスーパーに行き、帰りに念のために眼科を覗いてみたら…
休診は水曜だった。(ネットでは水・木が休診となっていたのだった)

透かさず入ってみた。
問診票を書く様に出されたので、使った薬や常時処方されているいきさつ、詳しく書いて受診を待ち、呼ばれた。

「『ものもらい』で診断は正しいですよ。使われた薬も(タリビット、フルメトロン、タリビットの眼用軟膏、クラリス)全く宜しいです。でもタリビットを常時処方されているとなると耐性が出来てしまっているかも分からないので、一段強いものに切り替えますね」とのこと。「ベストロン」という初めて聞く抗生物質の点眼薬が処方された。


本当にこの辺りでは稀なる親切、且つ説明充分な穏やかな先生。家の者たちが信頼していること、実に納得が言った
使った薬に関しても、「小5の時に12個連続してものもらいが出来た苦い経験があるものですから」と話したところ、「あぁ、経験がおありなんですね」と、咎めるでなく至って穏やかに肯定くださった。
こういう発言はおこがましいのだけれど、世の現実は……「勝手に手持ちを使った」など言おうものなら逆上されたり、「そういう時には救急に行って下さい」とか…そして長時間待った末、救急で色々感染して帰宅するのがオチなのだ。

これでひと安心!
銀行と郵便局に用事(ネットバンキングでは駄目な支払い。まだ登録していない通帳ので)があった為に、帰りにスーパーも寄り、更に眼科を覗いた訳だが、きっと呼んでくださったのであろう・・・と思ふ。




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/251-d7da94c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴミ分別 «  | BLOG TOP |  » 粗忽者

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する