FC2ブログ
A D M I N

2020-03

ふり返り…… - 2008.11.30 Sun

疲れた今月だった。


我々の世代の結婚式というのは、案内状も双方の親の連名にて届き、(特に我々の場合は)本人たちよりも親の付き合いを含めての披露だったものだ。
今はそういう時代は過ぎた様で、息子が結婚するからとて、母として特に何をしたという訳でもないのだが(練習以外は。それと出費を手伝ったのだったっけ  )……
日程もうまく組めた筈が、3日間で関西の中を三角形に移動し、それに向けて「風邪をこじらせない」ということを第1に考え、風邪薬にドリンク剤に、と使えるものは使って自重に自重をした筈も、過ぎてみると未だに疲れが日に日に重なっている。

早く回復して日常に戻さねば、と思うのだが…


感傷に浸る間すらない体調管理の日々だった





ところで、今日の惚け放題の話:

教会へ出掛けるのに、京都のお土産を忘れぬ様に入れた。聖書も持った。帰りに弱いコンタクトレンズの上から掛ける眼鏡を作ろう、とそのレンズも持った。
しっかりゆとりで間に合うように自転車で駅まで行きました。
鍵もかけ、バッグのどこに入れたか確認。OK!


座れたので、携帯に入っていたデジカメフォルダの中身を私のパソコン宛に添付送信。
乗り換えの下北沢のひとつ前で携帯をバッグに入れ、降りる準備を・・・ここから魔の空白・・・

車内アナウンスが;

次は駒場東大前、駒場東大前・・・

何だか分からないけれど、降りて向かいに立つ。
急行が通過して、各駅に乗り・・・
又、下北沢で降りそこなうところでした

慌てて飛び降り、小田急線ホームへ。
この時点で明らかにもう礼拝が始まる時刻。
でも、折良く各駅停車も来たし、降車駅ではエレベータの真ん前に止まった

改札階を押して、降りて、・・・・・・

気付いたら…

「新宿行き」ホームへのエスカレータに乗っていた!!

歩きながら・・・コンタクトレンズは持ったから、その上からかける眼鏡は作れるけれど、日頃の楽譜用の眼鏡をも作るのに0.6くらい見える眼鏡と0.1くらいの眼鏡を持参しようと思っていたのに(つまり、この2つの中間で視力検査をして貰うつもりで)、すっかり忘れてきたことに気付いた

2ヶ月分入れた献金袋も忘れていることに気付いた。わざわざ「忘れないように!」と、別な場所にマグネットで留めたのがいけなかった様です。


そうこうするうち、コートの中で何かうごめくものが・・・

チェーンのベルトで、蝶結びで締めるものを着用してきたのが・・・
その蝶結びがほどけかけていたのでした





牧師の説教の中で;
弟子達は「半分しかない」と無いことに目を向けている。
イエスは「半分もある」と有ることに目を向けている。

にっこり・・・

お土産持って来たじゃない!滞納中の献金忘れても…(「マルタよマルタよ」状態ですが
ベルトがほどけても、落ちる前に気付いたじゃない!
反対ホームに上がっても、帰らなかったじゃない!


結局、休息最優先にて眼鏡を作るのは延期とし、礼拝後は真っ直ぐ帰宅しました。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/215-70025f31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いよいよ待降節 «  | BLOG TOP |  » 動画が消えた!!

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する