FC2ブログ
A D M I N

2020-03

気が伝わるが如く過ぎ - 2001.02.16 Fri

2月1日
息子の運転でリハビリへ行った。OTの先生の意見の鋭さにいつも救われる思い。

2月2日
先日の演奏会をダビング。
自転車が無く、徒歩で文具店、パン屋、コンビニ。
メール2通(PHS)
その他は眠ってばかりいた。

2月3日
胸の圧迫感。原因不明。(自律神経??)
名簿も訂正事項が多くなり、年賀状のファイルを名簿代わりに使っているので、改めて古いものを抜きながら50音順に並べ替えた。
その他は眠ってばかり。

2月4日
ほんの少しエチュードを弾いただけで息苦しくなったので止めた。
関西の叔父(心臓外科出身のオールマイティ)に電話でこのところの症状を話し、意見を聞き、皮膚科教授にメール。
昼間は倦怠感で毎日寝ている。掃除その他家事、一切出来ず。
夕方コンビニに行ったが肘関節が痛んて荷物が持てず、夫に迎えを頼んだ。

いよいよパソコンでのメールが必要かもしれない。
ネットに繋がっていない古い(娘が小学生の頃の)パソコンで、ブラインドタッチを全くの自己流で練習してみる。使いそうな近いキーの組み合わせで。(「あさあさあさあさ」「これこれこれこれ」「ちえこちえこちえこ」など)

2月5日
循環器外来へ。3時間くらい待たされた。しかし、心電図室の往復も苦にならず、適度な運動になった。
夕方から倦怠感が酷く、全く身体が動かず。
夜中に起きたので、試しにパソコンで礼状を打ってみた。CDを梱包してあちこちに送付。
パソコンに向かったので、よく使うと思しき語尾をブラインドタッチで覚えてみた。(「ですですですですです」「ますますますます」「ましたましたました」「でしたでしたでしたでした」「ございますございますございます」等々。)

2月6日
倦怠感甚だしい。食事と電話以外は翌朝まで眠っていた。娘が薬を飲ませに来てくれる。

2月7日
階段昇降、胸痛。

2月8日
リハビリ、皮膚科の後レストランへ。心臓の手術をされたお二人と知り合い(去年だ)、お喋りをしたりピアノを弾いたり。※

※ 数年後に気功を習い、この辺りの胸の苦しさというのは、気をキャッチしていたのではないか?と思ってしまった。習った頃に、中途半端な学び方だと、そういうこともあり得る、と。

パソコンに慣れてみると(ネットには繋がっていないのだが)、手紙など筆圧が無くともまともな文字の形になる有難さを実感。

2月11日
昼過ぎに関西の従兄夫妻が実家来訪。我が家一家も出向いて一緒に食事をした。
その後、私は実家のピアノにて勉強会。

2月12日
PHSで何文字くらい受信が出来るのか、友人が試しに送信してくれた。(6千字以上)

2月13日
メールを友人に転送・保管してもらう。49通。
銀行、郵便局へ用事を済ませに。

夜、病院で親しくさせて頂いているOさんのお姉様より電話あり、今晩が危ない、とのこと。夫と共にタクシーで出向く。
最期まで立派でおられた。本当に、どうしてこの様な良い方が亡くなられるのか理不尽。

2月14日
ホルター心電計を付けた。その状態でレストランでピアノを1時間。
帰宅して生徒を3-4時間レッスン。もっと負荷を…と思ったが、眠ってしまった。

2月15日
朝リハビリ。その後心電図を外し再度リハビリ、皮膚科、レストランにて2時間ピアノを弾き、採血。
夜、娘が脚を痛め、自転車で迎えに行った。

2月16日
乳腺科受診、超音波、採血、レストラン、会計を済ませ、1時からOさんの葬儀に参列。私のCD(キラキラ星変奏曲等々)を流してくださった。





関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/206-7a6484a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

寛解と再燃を繰り返しつつも «  | BLOG TOP |  » 病気再燃???

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する