FC2ブログ
A D M I N

2020-03

歩く - 2008.01.23 Wed

こちらに来て1ヶ月が経ってしまった。

到着当初はどうしようかと思った。
何がか,と言えば,お世話になるお宅は街の中心部からは遥かに外れ(と言っても東京を考えたら時間的には家から新宿並なのだが),ウィーンの森にほど近く,一番長いであろう市電の終点近く。と,ここまでは良いとして,下車した駅から徒歩10分程度が階段や坂道ばかり。
ここ1-2年,東京に居る時の私と言ったら買い物すら家の者任せ。誰も居ない時は仕方なく,徒歩で10分程度のスーパーへ自転車で行く程度。その他,何とか出掛ける機会を作ってみても,一旦帰宅すればいつの間にか熟睡している有様。
一番歩くのが,定期的に通院している病院での一日。外来棟からリハビリ棟(その移動そのものがリハビリになっている,と苦笑する)往復その他,検査の為の移動等々で万歩計も数字が多め。
通院のあった日は何も予定を入れずに,いや,入れられずに帰宅後は爆睡あるのみ。

・・・と,そういう日頃なので,最初に電車で出掛けた時は驚いた。駅までの往復の連続する階段や坂道。色々と道を開拓してみたのだが,それらは避けられないことが分かった。

通り道

(写真は全てクリックで拡大されます)

通り道2



(反対向きではこんな風景)
階段からの眺め3


階段からの眺め


夫が滞在中は買い物も頼んでいたが,これではウィーンに居る意味がないではないか!家で休んでいるだけであれば東京の自宅に居る方が何でも手の届くところに揃っている。
折角来た以上は音楽会やオペレッタ三昧もしたい。いや,それ以前に日常の買い物もしなくてはならない。特に先に帰国し,残された身としては・・・

という訳で,漸く階段・坂道にも慣れ,自力で1.5L入りのペットボトル数本や牛乳など入った買い物袋を下げ,ワンゲル部には遥かに劣るものの自分としては精一杯の「リハビリ」をしている。帰宅後は何も手つかずだが。
よく,ドイツ語の授業を終えた娘とも落ち合って昼食をし,その後あれこれ買い物をし,重い荷物は持って貰い,あぁ,今日は助かった…と感謝。


ところで最近どんどん店舗が増えているBIPAというチェーン店。昔のDorogerie(ドラッグストア)をお洒落にした感じで,若者に人気がある様だ。帰宅途中下車してシャンプーや入浴剤などを購入し,他にもきょろきょろ物色していたところ,ベビーフードやベビー用のあれこれが・・・
目に留まったのが,遥か26-7年昔,息子が生まれて使っていたあれこれ。今も存在していた。

ベビー石けん

(愛用していたベビー石鹸)


カミレンテー

(顆粒のKamillentee -ハーブティーのひとつ- これを,ミルク用の哺乳瓶とは別の瓶に溶かして入れて常に持ち歩いていた)

何と懐かしい!!
肝心の本人は何も覚えていないだろうなぁ…
これを土産にしたとて何になろう…
一度是非息子と一緒に,誕生の地を歩き回って懐かしんでみたいものだ(私が。本人は何ひとつ記憶にないらしいから)。
定職に就いてしまうと,なかなか纏まった休みが取れないのと,取れても大切なのは親よりも相方。
一緒に居られる子供のうちに沢山旅行を,と先輩ママさんに言われたものだが,そういう時期にはこちらが全く時間も何もかも許さず…

人生そんなものだ。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/18-cb251232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

食べ物・買い物など «  | BLOG TOP |  » als ob mit einer Zeitmaschine...

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する