FC2ブログ
A D M I N

2020-04

プリンタ・根性 - 2008.08.19 Tue



先日新しいプリンタのことを書き,そのままになっていました。

hp(ヒューレットパッカード社)の機能一覧に問題がある様です。
確かに「ブックレット印刷設定可能」と,店頭にあった冊子のみならず,サイトの一覧にも書かれている!
プリンタはhpのものをパソコン購入時よりずっと(買い換えても)愛用しているのです。
というのも,唯一ブックレット形式で刷れる為。
今回購入したのも,前に書いた通り,店頭で「ブックレット形式で刷れる」ことを店員も確認した上で勧めてくれたものです。

翌日,再度サイトを調べたところ,購入したプリンタに添えられたインストール用のCDではなく,ネットから最新のヴァージョンをダウンロード&インストール出来る事を確認し,「ブックレット可能」も確認した上で,既に入れたものをアンインストールし,ネットよりダウンロード&インストールを試みました。
ところが,ここでも何をどうやっても駄目。両面印刷の機能は確認出来ても,どこを開いても「ブックレット」はありません!

夕方になって前日の店員さんより電話があり,hp社に確かめたところ,説明書にもネット上にも「ブックレット」が可能であることを書いているけれど,実際には駄目である事の説明を受けた,とのお知らせでした。
でも他社にはその機能の付いたものは存在しないそうで・・・・・仕方ない・・


さて,その時点では妥協したのですが,更なる問題が起きました。

新しいLeopardで,OS9に於いてFinaleで書いた楽譜が開けなくなってしまったのです!
ついこの間までは開けたというのに!Finaleは9では2001使用,Leopardでは2007使用。
ひょっとするとLeopardを10.5.4にアップさせた所為かも分からない(画面表示に従って何でも素直にアップデートさせているもので…)
つまり,Leopardでは楽譜そのものが開けない(書くことは可能),OS9ではプリントが不可能,という事が発覚した訳です。
これはOS9で古いプリンタを使えるべく,プリンタの修理をするしかない 

hpには問い合わせたものの,修理はしない,という。修理のやり方を書いたものをファクスで送ることは可能だ,という。(内心「不親切だなぁ…と思いつつ,送って貰った)
・・・渋々今朝も早からファクスを片手に指示に従って作業。
つまり,綿棒にガーゼを巻いて掃除 

・・・直らない。

ペンライトで照らしてみたら,そんな「綿棒にガーゼ」なんて甘いものではありません。
指定の部分は掃除出来たのですが,6-7年間のインクの垂れ流し(いやな表現だ)により,用紙を送る為に回転すべき部分が固まってしまっているらしいことが判明。
ガーゼを濡らして,直接手を突っ込んで,ペンライトで様子を見ながら,いや,診ながら拭き掃除。使ったガーゼは数メートルに及んだ


そして,移動しないカートリッジも根性で移動させ,治ったことを確認。

OS9のパソコンに再度hpの990をインストールし直し,設定をし・・・プリンタと繋ぎ・・

印刷成功!!
そして「ブックレット印刷」も成功!!!

暫くはOS9も並行して使います。(やれやれ……



残った問題は・・・



石鹸で何度洗っても完全には落ちない手のインク。
マニキュア除光液を使っても駄目。ヘアマニキュア用のもので洗ってみても駄目。

携帯で記念写真(実際にはもっと真っ黒です )
KC380315.jpg



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/157-daf2d064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プリンタから生じて更なるすったもんだ «  | BLOG TOP |  » ミニクラス会

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する