辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
topimage

2021-04

新しく増えた検査 - 2021.04.01 Thu


朝一番で検体検査。皮膚筋炎・多発性筋炎のための。
今現在は、腎臓内科が私の膠原病全体を診てくださっている。

前回「新しく検査項目を加えておきます」と言われていた検体検査の結果が出ていた。
その昔は漠然と、「皮膚筋炎・多発性筋炎では、体内に癌が潜んでいることが多い」とされていたが、色々なことが明確になったそうだ。
今回、初めて調べた「抗TIF1-γ抗体」が「+」になっていた。これが、その体内に癌が潜んで云々の抗体。
何年か前、非常勤講師として通っていた(実際には多くを学ばせて頂いた結果になっていた)浜松医科大の戸倉教授の講義で教わったような気がし、その後当時の主治医に検査をお願いした気がする。ただ私が(まるで小中学生のように)手のひらにボールペンで抗体名を書いて出向いたので、滲んでしまい、結局受けられなかったのか、はたまた検査項目一式には入っていなかったのか……今まで調べた形跡は無いとのこと。
ともあれ今後暫く腫瘍マーカーや全身のCT、そして再度の抗TIF1-γ抗体を調べて行くことになった。
新しく癌が潜んでいたら困ってしまうので。
その浜松での記録はこちら。戸倉教授の許可を得て載せたものです。

後日浜松の教授にご意見を伺った:1998~1999年当時はそのような検査項目が無かっただけで、もし受けていたなら乳癌が故に「+」であったろうとのこと。そして一旦「+」になったものはずっと「+」のままで、今回新たに癌に罹っている訳ではないだろうとのことだった。



皮膚科の受診もあった。
指先の赤みがなかなか退かないこと、(あんなに切ったのだから、早く元通りになれ、は時期尚早と思えど)折角皮膚科に来たのだから、と診て頂いた。
「もう治っていますよ。何も覆わなくても良いのでは?」と言われた。それはそうなのですが…あちこちにぶつけては「イタタタ・・・」なので、出掛ける時は予防的に、という説明をした。

この指先だけ診れば「治っている」なのだが;
IMG_4779のコピー


ピアノを弾くには、↓の右手小指の先のように、タコのように固くなっていないと弾けない訳で・・・
右の小指のコピー

「イタタタタ・・・」防止のためにケアリーブを1枚貼って備えているが、それでもうっかりforteで弾こうものなら悲鳴モノ。

訳の分からない記録となってきたので、ここでおしまい。




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1461-5db0f00f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |  » 順調に治りつつあります

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2021 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、筆者を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する