辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
topimage

2021-04

6歳児から逆に課題を与えられた - 2020.08.25 Tue


特に差し当たっての目標は定めずにピアノを続けているが、和声に関して耳の鋭い6歳の生徒。

たまにはバイエルをさせようではないの!
順不同で、「ワルツの伴奏」を扱っているものを飛び飛びに纏めて練習させたり、アルベルティの伴奏型のものをピックアップして纏めたり、それでも残すところ、飛ばした曲と共にあと数曲で止まっている。
ワルツの伴奏としては100番を終えたので、99番に戻ったというか進んだというか・・・

レッスンでは、次の課題を一応軽く弾かせておく常。
99番の課題はB-Durの音階ですが、それよりも左右6度での並進行を味わわせたい。
その前、冒頭の小節にかかっているスラーで6歳児よりクレームが
第1小節目から第2小節目までまたがってかかっているスラー。どうしても第1小節目の終わりで切ってブレスをしたいと言う。第2小節にまたがってかかっているからなぁ。。。今までそういう質問をされたことは無いし、私も何も疑うことなく起伏でアーティキュレーションを表現して弾いて来た。

↓音楽之友社版の『こどものバイエル下巻』。

8229846_2333883683_223large.jpg

IMG_2878のコピー


ついでに他社の『こどものバイエル』も調べてみた。

8229846_2333883674_82large.jpg

スラーは3社共に第2小節目までまたがっている。

ついでに(我が家では母の代から「おとなのバイエル」と称していた)一冊に全曲が小さな音符で収められている、日本の版も調べた。
8229846_2333883677_37large.jpg 8229846_2333883675_175large.jpg

その問題の部分は、やはり全て同様↓

IMG_2879のコピー


はた!!と思った。
海外の版はどうなっているのだろう?原典版は無いのだろうか?

唯一我が家にあるこれ↓

8229846_2333883678_174large.jpg

ウィーンに居た頃、商社その他のお子さん方にピアノを教え、自分用にDoblingerで購入したと思う。

99番を開いてみたところ、何と!問題の箇所にはスラーがありません!!

IMG_2880:2


最初の3音及び前打音の頭は同じBですから指で完全に繋げることは不可能だし、繋げる必要もない。
大人の演奏として弾いてみれば、強拍と弱拍を意識し、当然1拍目を深く、その後の8分音符は少し軽めに弾き、3拍目の前打音から上り坂でアクセントまで付いた音が頂点になる(前打音は前に出さないが、弱く始めてDが頂点)。その後は自然にD>B(>は松葉マークのdim.)、そうなれば当然その後はブレスをしたくなる。テンポはAdagioでもある。第2小節目の頭は導音として少し遠慮がちに弾いてから膨らませる為にもブレスは必須。その上で2小節で1つ、或いは4小節で1つのフレーズと感じる。


音符は余りに小さいのですが、以下のような譜割になっています(譜割だけは、日本の「おとなのバイエル」も)。

8229846_2333883680_179large.jpg


それにしても、ここ迄感じ、考えている6歳の子供。
私達がショパンやシューマンのフレーズを考えると同等のレベルでバイエルから音楽を読み取っているのでしょう。
「たかがバイエルされどバイエル」と、可成り詳しく音楽最優先で何十年もバイエルを教えているつもりだった私。これでも甘かったか!!と気付かされ、反省したひとときでした。



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1440-726465ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

益々辟易/安物買いの銭失い(その2) «  | BLOG TOP |  » 文明の利器、辟易・・・

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2021 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、筆者を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する