FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-10

冴えない日はトコトン冴えない!! - 2020.07.20 Mon


吝嗇は避けるべし。無料メールなのだから・・・
実は10年近く前にYouTubeを作ろう!と思ったことがあったのが、どのアドレスを使ったのか思い出せない。
実験的にアップした非公開の動画も入っているから、使ったアドレスを発掘したい。20年近くの間に作った記憶のある無料のwebメールを蘇らせるべく片っ端からアクセスしてみるも、「(webメールではない)○comのパスワードを設定し直せ」と執拗に出る。これは先週金曜辺りの話。余りに色々入れたのが悪かったか、メーラーを開く度に「アカウント(買い物メインの○com)が違うかパスワードが違う」とパスワード記入を求める表示が出るようになってしまった。でも、そのアドレスはちゃんと送受出来ているのだけど。毎回毎回「キャンセル」で閉じる億劫さから放置してあった…

いつまでもこれではいかん!!と思い、今日(月曜)はAppleCareに朝から電話。何やら遠隔操作させられて、結局何か解決は着いたのだっけ? 使っていないアドレスは一覧の「−」で削除出来ますよ、という情報だけのような。
そして、最終的には「○comの管轄です」とな。そうだろうなぁ…明日にでも…と思ったが、その後もメーラーを開く度に「パスワードを入れてください」もウザったい(おっとっと…本性が!)。昼も食べずに○comのサポートに電話。電話が込み入っているそうで、長々とC-durの「愛の挨拶」を聞かされて、やっと繋がった。
これ又遠隔操作を強いられた。どうやらMacは苦手と思しき方で(私はWindowsはいじったことがないが)、途中、何度も何度も「勉強不足で申し訳ありません」と言われる。言われてもなぁ・・・急くが余り、つい私がポインタで動かそうとしてしまうので、本来遠隔操作側が動かすべきポインタが画面上をあっちにこっちにこんぐらかる。あっちを開き、こっちを開き、Macは違うんですが〜〜、ここにあるのですが〜〜、を内心グッと堪えて従う。
そして「パスワードを変更してみませんか?」と。「いや、一応送信も受信も出来ているので、このいちいち出てくる画面だけを何とか消したいのです」と言ったが、それは出来ないと。又あっちを開き、こっちを開き、パスワードも嫌々変更。案の定送信も受信も出来なくなったよ〜〜・・・(メインの使用はmacのアドレスで、それは何も問題ないし、○comも実際には送受出来ているのだから、1日考えれば良かったと、この辺りで激しく後悔)

待たされる間に考えた。これって通話中のiPhoneや隣りに置いてあるMacBookと同期の関係では?? でも送受出来なくなってしまったパスワードを使えるようにする作業ファースト。

普通、遠隔操作でパスワードを入れる時には見えなくするのに(パスワードですから!!)、「メモに書き入れてコピペしてみませんか?」とのたまふ。え〜〜〜!?丸見えのパスワードにする!?・・・(私の生年月日は記録されているから、パスワードを書き違う程のバァさんと思われた?)
「一旦調べますから」と向こうで何かやっている気配。(Macに詳しい担当者でも手が空いた??と疑うイヤなバァさん💦)
そしてめでたく送受は出来るように戻ったのですが・・・電話を切れば元の木阿弥。うるさい画面はメーラーを開く度に出ます。やれやれ・・・

その後チビちゃんを1人1時間半ほどレッスンして、近所の簡易ジムもどきにて30分身体を動かし、もう夕飯を作る時間はないのでセブン・イレブンにてあれこれ買い込む。
夫はまだ大学(2つのキャンパスをハシゴする日)。又パソコンをあれこれあれこれ・・・とうとう別なGmailのアドレスまで設定を変更する羽目に。もう、イヤ!!!解説サイトを読めど、もう頭が拒否。
そして夫帰宅、やっと夕餉。その後又パソコン。

けれども一番の失敗は、今しがた階下に行ったところ、何と!冷凍庫の扉が堂々と開いているではないか!! そうだ、電話サポートの途中でパルシステムが来て、階段を駆け下り、階下の冷凍庫に強引に突っ込んで、又階段を駆け上がったのだった。余りに急いで閉め忘れた??
やれやれ・・今日届いたものもさることながら、以前からある炒飯数種類が溶けてしまっているよ。仕方なくフライパンで炒めました。明日は朝から炒飯!?・・・

トコトン冴えない!!こんな日もある・・やれやれ、疲れた、今日はもう諦めた・・・💦
そんなこんな、又しても一体何週間ピアノから離れているやら・・・コロナを言い訳に💦💦


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1437-abe0b394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6歳児に和声を教える «  | BLOG TOP |  » CD《名曲のたのしみ》のライナーノート・ドイツ語訳

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する